サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビサがアルファロメオF1の開発ドライバーに就任か。交渉が進行中との報道

ここから本文です
 2019年にウイリアムズF1チームで走ったロバート・クビサが、2020年に向けてアルファロメオと開発ドライバーとしての契約を結ぶ可能性が出てきた。両者は現在交渉中であると報じられている。

 2011年2月に出場したラリーで重傷を負ったクビサはF1活動休止を余儀なくされたが、リハビリを重ね、不屈の努力で2019年、F1復帰を果たした。しかしウイリアムズは深刻なパフォーマンス不足に陥っており、クビサは1ポイント獲得という成績にとどまり、2019年末で同チームから去ることを決めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン