サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > えっ? 大幅減少中のスピード違反検挙件数とは裏腹に、なぜか超過速度15km/h未満の検挙数が7倍!に増加中!

ここから本文です

この2/13、警察庁が公開した「交通関係法令違反の検挙状況」という報道資料によると、平成30年の約24万件に続き、令和元年(平成31年)もスピード違反の検挙件数が約10万件も減少。数年前から移動オービスやレーザー&レーダーパトカー等の導入により速度取り締まりが強化されているはずなのに、この現象はいかに!? さらに、その中で、さりげなく15km/h未満オーバーでの検挙数が大量増加中な理由、とは?

「15km/h未満なら大丈夫」という法則(?)はもう通用しない、かも!

オービス(固定式)なんてもういらない? 警察がオービス撤去ポイントに、事前警告板だけ残す理由、とは?

 令和元年の交通取り締まりにおける総検挙件数は7,317.964件。

おすすめのニュース

サイトトップへ