サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:COTAのバンプ問題とフィジカルに悩まされた1戦。高い目標にもはや7位は満足できず

ここから本文です
 第15戦アメリカズGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの小椋藍は7位のチェッカーフラッグを受けた。順位は前戦サンマリノGPと同じで、シーズン後半戦を振り返ると、いずれもシングルポジションでフィニッシュをしてきている。しかし、今回のレース内容はあまり良いものではなかった、と小椋はサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)の控え室で言葉少なに振り返った。

「ミスもあったし、今回は土曜日から日曜の上げ幅がちょっと少なかったです。

おすすめのニュース

サイトトップへ