サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】トヨタのSUV攻勢が止まらない! 市販型「Tjクルーザー」の最短デビューは2020年5月?

ここから本文です

【スクープ】トヨタのSUV攻勢が止まらない! 市販型「Tjクルーザー」の最短デビューは2020年5月?

市販バージョンでは3列シートの7人乗りも設定?

トヨタの最新SUV、「Tjクルーザー」の市販バージョンに関する情報を入手。今回はそれを元に予想CGを作成してみた。

全長5mオーバーのビッグスケールなミニバン「トヨタ・グランエース」が発売!

Tjクルーザーは、東京モータショー2017で世界初公開されたモデル。SUVの押し出しの強さとミニバンの実用性を融合させた新世代クロスオーバーという位置づけで、2017年まで発売された「FJクルーザー」の実質的な後継を担う存在でもある。コンセプトモデルではボンネットやルーフ、フェンダーにケアフリー素材を採用。ワイルドなSUVらしさを演出しつつ、ミニバンシルエットにより優れたユーティリティを両立。サーフボードやスキー板など、最大で3mの長尺物を積載できる。

予想される市販型だが、コンセプトをベースにリデザイン。フロント回りはヘッドライトをグリルより上に配置、若干大きめにデザインされる可能性がある。その下にLEDのポジションランプなどをレイアウトし、バンパーは車幅いっぱいに大型化。シンプルながら、迫力ある顔つきに仕上げられるはずだ。一方、サイドは前後タイヤハウスの張り出しを抑えつつシャープな造形に。さらに市販型でもスライドドアが採用、SUVとの差別化が図られる模様だ。また、もうひとつの注目点はシートレイアウト。ベースモデルは5人乗りとなるはずだが、3列7人乗りが設定されることも予想される。

ボディサイズは「C-HR」よりホイールベースが100mm以上長く、全高は1620mmと70mm高くなる。搭載するパワーユニットは、2L直列4気筒+電気モーターの「マルチステージTHS II」ハイブリッドシステムが予想され、最高出力は160ps程度となるだろう。なお、駆動方式はFFと4WDが設定されるはずだ。気になるデビュー時期だが、日本発売は最速で2020年5月。遅くとも9月には市場に投入されるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します