サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もはや過去の遺物!? リトラクタブルヘッドライトがキマっていた国産スポーツ5選

ここから本文です

■スーパーカーやスポーツカーが積極的に採用

 車体内部にヘッドライトを格納し、消灯時の空力性能向上を目的に誕生したリトラクタブルヘッドライト。

えっ!? ランエボじゃないの? 過激すぎない高性能車5選

 国産車で始めて採用したのは1967年に発売されたトヨタ「2000GT」ですが、主に1970年代から1980年代のスーパーカーやスポーツカーで採用されました。

 リトラクタブルヘッドライトは急速に普及しましたが、後に法改正やヘッドライト技術の進歩により現在は消滅しています。

 しかし、スポーティなイメージからクルマ好きに人気があり、いまでも「憧れ」という人が少なくありません。

おすすめのニュース

サイトトップへ