サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【CBR1000RR-R徹底攻略(2)】ついに日本降臨!! 史上最強CBR、スタンバイ完了!<メカニカル編>

ここから本文です

【CBR1000RR-R徹底攻略(2)】ついに日本降臨!! 史上最強CBR、スタンバイ完了!<メカニカル編>

ミラノショーで話題の中心だったバイク、新型ファイアーブレード・CBR1000RR-R。MotoGPマシン・RC213Vのノウハウを惜しみなく導入し、サーキットで勝つために、ホンダが本腰を入れて造り込んだ「史上最強のCBR」である。そんなRR-Rがついに日本でもお披露目されたわけだが、果たしてどんなバイクなのか? ライバルとも比べながら、その全貌に迫ってみよう。

これが「史上最強メカ」の全貌だ!
217.6PSというパワースペックを聞くだけで、この新型ファイアーブレードがタダ者ではないことくらい、誰でも想像はつくだろう。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

しかし! 新型ファイアーブレードのスゴさはそれだけではないのだ! ライバルの一歩先を行き、圧倒するためのメカニズムを、ここでパートごとに解説していこう。

RC213Vを直4にしたような「ホンダの至宝」エンジン!
これまでは「トータルコントロール」を重視して、パワーだけに固執することのなかったホンダが、とことん勝利を追求する姿勢に転じて生まれたのがこのエンジン。

■パワーユニット
総排気量 999cc
ボアxストローク 81x48.5mm
最高出力 217.6PS/14500rpm
最大トルク 11.52kg-m/12500rpm

持てる技術を総動員した結果、エンジンの素性を決めるボア・ストロークはRC213Vと同じ設定となった。

コンパクトな燃焼室やフリクションロスの徹底した排除など、あらゆる手を尽くして引き出したパワーは217.6PS。ライバルが進化してもアドバンテージを保てるスペックだ。

「センターラムエア採用」マフラーはアクラポビッチ!
■吸排気系

CBRシリーズとしては600RR以来となるセンターラムエアを採用。ルックスよりも効率重視で、ダイレクトな吸気の邪魔をしないよう、ハンドルの切れ角まで考慮される念の入れようだ。

マフラーはそのままで最適なパワー特性と迫力のサウンドを得られるよう、アクラポビッチとの共同開発品になるチタンサイレンサーを採用。

ユニットプロリンクをやめ、フレームもしなり重視へ
■シャシー

RR-R最大のハイライトはユニットプロリンクの廃止。構造上、通常より剛性が必要でスイングアームが重くなるのを避け、ショックユニットはエンジン後端にマウントする方式とした。

これでピボット上部にあるクロスメンバーも省略でき、「剛性は高いがしなる」フレームを実現。コーナー脱出時のライン自由度を高めている。

各種コントロールもより緻密に
■電子制御デバイス

パワー、エンジンブレーキ、トルクコントロール、ウイリー、電子制御サスを組み合わせて切り替えられるライディングモードを搭載。

3種類のセットが設定され、一括切り替えができるほか、個別に設定を変更することも可能。自分だけのセッティングも試せる。

CBR1000RR-R FIREBLADEの関連記事はこちら
月刊オートバイ3月号は現行250cc VS 往年の4気筒250cc!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します