サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > セリカXXが、海外ではスープラを名乗った理由【本格成人映画をイメージさせちゃう!?】

ここから本文です

Zカーに対抗するクルマ

長いフロントフードに付けられた濃赤字に白で浮かび上がる七宝焼の「XX」のエンブレム。ゴールドで縁取られたXの文字を2つ重ね合わせて、高級感と格調の高さを醸し出している。XXと記して「ダブルエックス」と読ませる、何ともカッコよく粋な名前ではないか。

ドバイのタイヤはコスパ優秀ってホント?【18インチ1本が送料込みで約5000円】

1978年4月に発売されたセリカXXは、2代目セリカリフトバック(1977年8月デビュー)をベースに全長を190mm拡大(GT系比)。ホイールベースを130mm延長してフロントボディの延長に当て、6気筒エンジン(2L/2.6L)をノーズに収めたセリカの最高級シリーズだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ