サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまならヒットする!? 出るのが早すぎた感があるホンダのSUV5選

ここから本文です

いまならヒットする!? 出るのが早すぎた感があるホンダのSUV5選

■かつては面白いSUVが存在していたホンダのラインナップ

 現在、世界中で人気があるクルマといえばSUVです。近年では各社が次々と新型SUVを発売し、販売も好調。なかでもクロスオーバーSUVと呼ばれる舗装路を走ることを重視したSUVが、とくに人気です。

ホンダ「N-BOX」が「NSX」に大変身? スポーティにイメチェン可能なエアロパーツが登場!

 国産クロスオーバーSUVでの最初のヒット作はホンダ「CR-V」といわれていますが、ホンダは後に多くのSUVを発売し、消えていきました。

 そこで、かつて販売されたホンダのSUVのなかから、販売台数が低迷してしまったモデルを5車種ピックアップして紹介します。

●エレメント

「エレメント」は北米市場で若い層をターゲットに開発された、室内スペースが広くてミニバン的な面も持ったクロスオーバーSUVです。

 ホンダの現地法人がデザインし、オハイオ州の工場で生産されて、2002年に北米で発売。日本には4WDモデルのみが、2003年から2005年までのわずか2年間のみ輸入販売されていました。

 当時の「CR-V」をベースに、ボディサイズは全長4300mm×全幅1815mm×全高1790mmとやや大柄。全長は10フィート(約3m)のサーフボードを積めることを条件に、決められたといいます。

 外観のデザインが特徴的で、リアドアは観音開きとなっており、一見するとツートーンカラーのようなボディは、無塗装の樹脂素材を使用したバンパーとフェンダー、サイドシルによるもので、好みは分かれるところでした。

 搭載されたエンジンは最高出力160馬力の2.4リッター直列4気筒エンジンで、特筆するほどのスペックではありませんが、車重1.5トンのSUVには十分なパワーです。

 国内市場では、安っぽく見える配色と、後席への乗降に便利とはいい難い観音開きドアが受け入れられませんでしたが、アメリカでは評価が高く、フェイスリフトがおこなわれるなどして2010年まで販売が継続されました。

●Z

 ホンダ「Z」といえば、「水中メガネ」の愛称で親しまれた初代を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。初代Zは360ccの軽自動車でクーペスタイルのスポーティなモデルとして、1970年から1974年まで販売されました。

 そして、1998年に登場した2代目Zは初代Zとは違い、SUVタイプの軽自動車に生まれ変わります。パワートレインは「アクティバン4WD」や「ストリート4WD」と同様に、エンジンを縦置きのリアミッドシップにレイアウトし、普段はリア駆動でビスカスセンターデフを備えたスタンバイ式4WDです。

 このZ独自のパワートレインは、後部座席の下に搭載されている4WDということで「UM-4」(Under floor Midship 4WD )と名付けられました。

 ボディ形状はワゴンタイプで、15インチの大径タイヤと高めの車高により、小さなSUVというフォルムで、エンジンは660cc直列3気筒自然吸気と、同ターボの2種類を用意。

 Zの価格(消費税5%込)は自然吸気車が120万5400円、ターボ車が135万2400円と、当時の軽自動車としては高価で、ボディが3ドアのみということもあり、販売は低迷します。

 スズキ「ジムニー」や三菱「パジェロミニ」といった本格的4WD車のライバルにくらべ、中途半端感があったことも、販売不振の一因でしょう。

 結局、4年後の2002年に生産を終了。後継車はありませんでした。

●MDX

 カナダで生産されていたアキュラブランドの高級SUV、初代「MDX」は2003年に日本市場で発売されました。車名の由来は「Multi Dimension X」で、多面的要素を高次元に進化させた、未知の可能性を持つSUVという意味が込められています。

 MDXは北米市場で2001年に発売されたSUVで、同じくカナダ工場で生産された「オデッセイ(日本名ラグレイト)」のシャシをベースに開発され、日本には輸入車として導入。

 外観はタフさと力強さを表現するために「サイ」をモチーフにデザインされた、3列シートのステーションワゴンタイプでした。

 エンジンは260馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒を搭載し、トランスミッションは5速AT。駆動方式は電子制御可変トルク配分式の4WDで、フルタイム式とパートタイム式の長所を持つ、ホンダ独自の4WDシステム「VTM-4」が採用されました。

 MDXは2006年に日本での販売を終了した短命なクルマでしたが、その理由のひとつがボディサイズで、全長4790mm×全幅1955mm×全高1820mmと日本車離れした大きさにありました。

 さらに、車重が2030kgとかなりの重量級ということもあり、カタログ燃費が7.8km/L(10・15モード)と、日本での使用は厳しいと判断されたようです。

■いまなら評価された!? 悲運な2台のSUVとは!?

●クロスロード

 1993年にホンダは、提携関係にあったローバーグループからミドルサイズの本格4WD車「ディスカバリー」のOEM供給を受け、初代「クロスロード」として販売を開始しました。

 当時はRVブームでしたが、ホンダのラインナップにはRVが無かったため、いすゞから供給されていた「ジャズ」や「ホライゾン」とともに、ホンダのRVラインナップを形成していましたが、1999年にすべてのOEM供給が停止され、消滅します。

 そして、2007年に登場した2代目クロスロードは、2代目「ストリーム」をベースにしたクロスオーバーSUVで、高い居住性を持った3列シート7人乗りのクルマでした。

 ボディサイズは全長4285mm×全幅1755mm×全高1670mmと全長の割に幅が広く、四角いボディと相まってワイドに見える、安定感あるデザインを採用。

 搭載されたエンジンはストリームと同じ最高出力140馬力の1.8リッター直列4気筒と、150馬力の2リッター直列4気筒が設定され、駆動方式はFFと4WDが選択できました。

 クロスロードは着座位置からフロントノーズ先端の見切りが良いため、市街地走行でも運転しやすく、日常の使い勝手に優れていましたが、当時はCR-Vの影に隠れて販売が低迷したため、2010年に生産を終了。

 しかし近年、デザインや手頃な大きさが再評価され、中古車市場では人気車種となっています。

●HR-V

 1998年にデビューしたホンダ「HR-V」は、同時期に販売されていた「ロゴ」のシャシをベースに、3ドアのワゴンタイプボディに大径タイヤを装着したクロスオーバーSUVです。

 外観は、伸びやかなサイドビューとキャビンが低くデザインされたスタイリッシュなフォルムで、ボディサイズも全長3995mm×全幅1695mm×全高1590mmとコンパクトな設計となっています。

 搭載されたエンジンは1.6リッター直列4気筒で、ホンダの可変バルブシステム「VTEC」によって125馬力を発揮するモデルと、通常のシリンダーヘッドで105馬力の2種類があり、1110kgから1190kgと比較的軽量なため、出力的には日常使用で不満のない数値です。

 駆動方式はFFと4WDが選べ、それぞれ5速MTとCVTが用意されていました。

 あまり欠点が無いように思えるHR-Vですが、致命的だったのが3ドアのみということで、加えて個性的なフロントマスクに好き嫌いが分かれたためか、販売は低迷。

 1999年には5ドア車が追加されましたが、販売は思ったほど回復せず、2003年には3ドア車の販売を終了し、2005年には5ドア車も生産終了となりました。

 なお、現在販売中の「ヴェゼル」ですが、海外ではHR-Vの名で販売されています。

※ ※ ※

 現在、ホンダのSUVというと「ヴェゼル」と「CR-V」の2台で、ヴェゼルはデビューから時間が経っているものの、販売は安定しており、CR-Vは北米市場で好調ですが、日本では低迷しています。

 SUVは強力なライバルが多いカテゴリーなので、ホンダも今後、何らかの手を打たないと厳しいかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します