サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > クライスラー 300をマイナーチェンジし、洗練されたデザインを採用。安全装備も充実。

ここから本文です

クライスラー 300をマイナーチェンジし、洗練されたデザインを採用。安全装備も充実。

クライスラー 300をマイナーチェンジし、洗練されたデザインを採用。安全装備も充実。

FCAジャパンは2015年10月6日、クライスラー・ブランドのセダン「クライスラー 300」をマイナーチェンジし、2015年10月17日(土)から全国のクライスラー正規ディーラーで販売を開始することを発表した。

今回のマイナーチェンジの最大の特徴は、より洗練されたエクステリアおよびインテリアデザインとなる。

エクステリアは、フロントのデザインを大きく変更。パワフルで大胆な大型グリルやLEDフロントフォグランプを採用し、存在感あるスタイルを実現。さらに、ヘッドライトベゼルやホイールカラー、テールランプ、ウインドウモールディングをブラックで統一することで、よりスポーティなイメージとなった。

インテリアでは、質の高い素材の採用、最先端の技術の導入、室内空間の最大限利用の3点をキーポイントに改良を実施。ナビゲーションシステムとセンターパネルの意匠を一新したほか、メーター内にフルカラー7インチ・TFTマルチビューディスプレーを採用。さらに、エレクトロニック・ロータリーシフターやプレミアムスピーカーを標準設定した。

加えて、安全装備も充実。従来のアダプティブクルーズコントロールに「Stop & Go」機能を追加し、衝突を未然に防ぐためドライバーの介入なしで車両を完全に停止させることが可能となった。

また、車線の走行位置を感知し方向指示器を点滅せずに車線からはみ出るとドライバーに警告する「LaneSense車線逸脱警報プラス」も装備。これは、警告と同時にステアリングを制御することで、車線逸脱回避をしやすいようにステアリング操作をサポートする機能も持つ。

このほか、前面衝突警報プラス (クラッシュミティゲーション付き)やブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション、リヤバックアップカメラの「Parkview」、フロント/リヤパークアシストの「ParkSense」も標準装備されている。

ラインアップは、3.6L・V6型エンジンを搭載する300Sと、6.4L・V8型エンジンを搭載するSRT8の2モデルを設定。ボディカラーは各モデル3色を用意する。

この記事を画像付きで読む(外部サイト)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します