サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 元警察官が激白!? 交通違反時に多い5つの言い訳

ここから本文です

元警察官が激白!? 交通違反時に多い5つの言い訳

■元警察官が語る「交通違反者の言い訳あるある」トップ5とは

 街でクルマを運転していると、交通違反の取り締まりがおこなわれている現場を目にすることがあり、違反したドライバーが取り締まりを受けている最中の現場に遭遇することも少なくありません。

【写真】衝撃! 2万kmオイル交換せず破損したエンジン内部

 警察官に話を聞くと、違反者が言い訳を口にすることもあるといいますが、なぜそのような発言をしてしまうのでしょうか。取り締まりの経験を持つ元警察官に、ありがちな言い訳の内容とその理由を聞きました。

 元警察官のAさんは、交番や駐在所勤務のほか、パトカー乗務などを40年以上勤めた経験を持ちます。交通違反の取り締まり「定置式速度取締(俗称・ネズミ捕り)」にも携わった経験があり、違反者からのさまざまな言い訳を聞いてきました。

 Aさんによると、ありがちな言い訳は、次の5つだといいます。

●その1:「標識が見えにくい(見えなかった)から違反してしまった」

 交通違反をした理由として、標識が見えにくかったということを挙げる人は多いといいます。

 しかし、標識はドライバーから見えるように設置されているはずなので、あくまでも「しっかり見ていなかった、うっかり見落としてしまった」だけという注意不足にすぎません。

●その2:「ほかの人もやっているのに」「自分ばかりがなぜ」

 自身の犯した違反行為に対するコメントとしては、自己中心的ともとれる発言ですが、こういったことを思わずつぶやく人は多く存在するようです。

 反対に、取り締まりの現場を見かける際に「自分でなくてよかった」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

 もちろん、警察官は特定のドライバーだけを狙って取り締まりをおこなうことはないので、「自分ばかり取り締まられる」という状況は、現実にはありません。

●その3:「タイミングが悪かった」「運が悪かった」

 いわゆるネズミ捕りの取り締まりをおこなう頻度が高い場所というのは現実に存在するようですが、そういった場所で違反行為をしてしまうと、「今日はタイミングが悪かったから」と自分のなかで言い訳をしてしまうドライバーも存在するといいます。

 そして、ネズミ捕りの多い場所で急にスピードを落とすなど、その場所だけ違反しないという運転をする人もいるようです。

「タイミングが悪かった」「運が悪かった」というのは、運転に限らず日常生活でしてしまいがちな言い訳のひとつでもありますが、どのような場所でも交通ルールを守って運転すべきであることは、いうまでもありません。

■なぜそれをいう? 違反者がいいがちな意外な言い訳とは

●その4:「隠れて取り締まりをするなんてズルい」「卑怯なやり方ではないか」

 警察官が隠れて交通違反の取り締まりをすることに対して、「ズルい」「卑怯だ」という声は、実際に取り締まりを受けた人だけでなく、取り締まりを受けていないドライバーからも挙がることがあります。

 しかし、警察官も意地が悪いからやっているのではなく、交通事故を未然に防ぐため取り締まりにあたっています。その道路を走行するドライバーの普段の運転状況を確認するのが、目的のようです。

「ズルい」「卑怯だ」というのは、前述の「タイミングが悪かった」「運が悪かった」とも似た、自己中心的な発想といえなくもありません。

●その5:「自分は地域に貢献しているのに、なぜ取り締まりを受けなければならないのか」

 元警察官のAさんによると、意外にもこのような言い逃れが多かったといいます。とくに年配の人に多く、「自分は見守りパトロールや学区での旗振りをはじめとした地域のボランティア活動で貢献しているのに」という主張だといいます。

 コミュニティによっては、こうした社会貢献に熱心なひとや、そもそも警察官と違反者が顔なじみだったという場合もあるといいますが、交通違反行為に対してはどの人にも等しく対処されるべきといえるでしょう。

 交通状況は日々変化を続けていることから、道路交通法をはじめとした各種法律も、現実の状況にあわせて適宜改正がおこなわれています。

 なかでも、私たちにとって身近な改正内容のひとつとして、2019年12月1日に施行された「ながらスマホ」に対応した改正道路交通法が挙げられます。

 自動車などの運転時における携帯電話使用などに係る交通事故件数は、2008年の1299件から、2018年は2790件へと2倍以上に増加していることから、今回の改正では携帯電話使用等に対して、罰則の強化や違反点数の引き上げがおこなわれました。

 スマホや携帯電話などでの通話や、スマホやカーナビの画面などを注視する行為をおこなった場合の「携帯電話使用等(保持)」では、罰則が改正前の5万円以下の罰金から、改正後は6か月以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

 反則金は、改正前の【大型:7000円】【普通:6000円】【2輪:6000円】【原付:5000円】から、改正後は【大型:2万5000円】【普通:1万8000円】【2輪:1万5000円】【原付:1万2000円】に引き上げられ、違反点数も改正前は1点だったものが、改正後は3点になります。

 一方、携帯電話の使用などにより、道路における交通の危険を生じさせた場合の「携帯電話使用等(交通の危険)」の罰則では、改正前の罰則は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金だったものが、改正後は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

 そして改正後は刑事罰の適用対象となるほか、違反点数が2点から6点に変更されることから、免許停止処分の対象となります。

※ ※ ※

 ながらスマホだけでなく、一時停止や制限速度の遵守など、日々交通安全意識を高く持ち続けることが必要といえるでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します