サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1データ主義】シーズン前半戦は完走台数が減少。レースの完走率を左右するカギは?

ここから本文です
 4カ月遅れで7月5日に再開幕したF1のオーストリアGPは、20台中、約半分の9台がリタイアするというサバイバルレースとなった。1年前に行われた2019年のオーストリアGPでは1台もリタイアすることなく、20台全車が完走していたことを考えると、大波乱のレースだったといっていいだろう。

 最近の10年間のレースで、完走台数が11台以下となったのは、今年のオーストリアGP以外に1回しかない(※表1)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン