サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 史上最速の「MINI ジョン クーパー ワークス GP」受注スタート! 完売必至の激辛ハッチバック

ここから本文です

史上最速の「MINI ジョン クーパー ワークス GP」受注スタート! 完売必至の激辛ハッチバック

MINI John Cooper Works GP

MINI ジョン クーパー ワークス GP

史上最速の「MINI ジョン クーパー ワークス GP」受注スタート! 完売必至の激辛ハッチバック

ニュルを8分以下でラップ

ビー・エム・ダブリューは、MINI史上最速モデル「MINI ジョン クーパー ワークス GP」の予約注文受付を2019年11月20日に開始すると発表した。全世界3000台の限定で、日本への割り当て分は240台。デリバリーは2020年夏頃にスタートする。日本仕様は右ハンドルで、車両価格は576万円。

「MINI ジョン クーパー ワークス GP」には、最高出力306ps&最大トルク450Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。クランクシャフトやベアリング、ピストン、コネクティングロッド、クランクプーリーなどを最適化し、ベースモデル「MINI ジョン クーパー ワークス」比でプラス75ps増強した。0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は265km/hに達する。

「公道走行可能な英国ブランド車として最速」を謳い、モータースポーツ技術を応用して鍛え上げた第3世代の「MINI ジョン クーパー ワークス GP」。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは先代比で約30秒短縮して8分を切ったという。

トルセンLSDと8速ATを搭載

ベース車が6速のステップトロニック スポーツ トランスミッションを搭載するのに対して、「GP」は8速のスポーツ オートマティック トランスミッションを採用。トルセンLSDを装備するとともに、サスペンションをベース車比で10mmローダウンしている。ブレーキ、エンジンマウント、ボディ構造、前後サスペンションやキャンバー角など、メカニズムを総体的に見直すことでサーキットでの走行性能を最大限高めたという。

ボンネットにはエアスクープを設け、軽量なカーボンファイバー製ホイールアーチカバー、大型リヤスポイラーなど一目でそれとわかる武装の数々は、見栄えだけでなく性能向上にも寄与する。テールパイプはステンレススチール製をセンター2本出しとしている。また、重厚なサウンドを生み出すスポーツ エキゾースト システムも搭載した。軽く頑丈な鍛造18インチホイールには、スポーティな225/35タイヤを組み合わせる。

リヤシートは撤去

ボディカラーは、専用開発された「レーシング グレー メタリック」。眺める角度によってライトグレーから青みがかったバイオレットまで、移ろうように色味が変化して見える。ルーフとドアミラーハウジングは、金属感のあるメルティング シルバー仕上げ。ラジエーターグリルやリヤスポイラーには「GP」のロゴをあしらっている。

先代同様、軽量化のためにリヤシートは非装着。フロントシートの背後には頑強なクロスバーを配置している。専用のメータークラスターや金属製のパドルシフトの採用をはじめ、ステアリングホイールのスポークや助手席周りのトリム部分に3Dプリンターで成型したパーツを用いるなど、随所に特別感のある雰囲気を演出。トリムには固有のシリアルナンバーを刻印している。

過去モデルは正式発表前に完売

MINIは、2006年にクーパーSに装着可能な「ジョン クーパー ワークス GPキット」を世界限定2000セットで販売。2012年にはコンプリートカーとして「ジョン クーパー ワークス GP」を2000台限定で発売したが、いずれも正式発表前には完売していた。

過去2世代の“GP”へのあまりの反響の大きさに鑑み、今回はプラス1000台の3000台限定となった第3世代の「MINI ジョン クーパー ワークス GP」。日本への割り当て分は240台のみとなれば、逡巡する時間はあまりないかもしれない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します