サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、アストンマーチンへの出資比率を引き上げ。協力関係強化で、F1チームにも影響が出る?

ここから本文です
 メルセデス・ベンツは10月27日、アストンマーチンの持株比率を最大20%まで段階的に引き上げていくと共に、両社の技術提携を拡大することを発表した。この発表はあくまで、市販車事業に焦点を合わせたものだが、両社の関係がより緊密になったことで、それぞれのF1プログラムにも影響を与えることになるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン