サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タバックスエンジニアリングZ1(カワサキZ1)衝撃のアルミハンドメイドフレームによるスペシャルZ【Heritage&Legends】

ここから本文です
30年超前、既に完成域にあった造形とフレームワーク
1980年代後半、まだカスタムが一部の好き者の楽しみだった時代、カワサキZのパフォーマンスアップは、足まわりなど、その当時のスーパースポーツ車の純正流用から始まった。

オリジナルフレームや削り出しのアルミ製パーツなどを作るショップはあったが、その多くはレースルーツの、いわゆるコンストラクター系。一方、ストリート系ショップで今のような大がかりな作業を手がけられるところはまだほとんどなく、そんなパーツは雑誌広告で知っていても、実物を目にすることさえまれだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン