サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2023年には実現する!?空飛ぶクルマ、電動飛行機、SFのような近未来プロダクト

ここから本文です

2023年には実現する!?空飛ぶクルマ、電動飛行機、SFのような近未来プロダクト

今まではSF映画や漫画の中の世界にしか存在しなかった、空飛ぶクルマやドローン傘、携帯できるクルマなど。実はもうすでに、ここまで形になっていることをご存じだろうか。ここでは最新の情報をお届けしよう。

5年後にやってくる(!?)SFのようなプロダクツ

スイスの高級機械式時計ブランドCVSTOSがレーシングチームARTAとパートナーシップを締結

SF映画で見た世界が2023年に実現する!夢だった「空飛ぶクルマ」が実用化に向けて動きを加速

幼い頃、飽きることなく眺めた乗り物図鑑。その未来予想図には必ず「空飛ぶクルマ」が描かれていた。それが夢物語ではなく、5年後には実用化されていそうだ。官民一体で取り組む「空の移動革命」や、それに伴って開発が進む「空飛ぶクルマ」の今を紹介しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/817161/

どれに乗ってみたい?カッコよすぎる「空飛ぶクルマ」の注目試作機3選

空飛ぶクルマが近未来のプロダクトとして注目を集めているのは、決して日本国内だけではない。研究機関やスタートアップ、さらには大手自動車メーカーなど、海外における様々な企業や団体が実用化を目指して開発中だ。その中から、デザイン性で突出している空飛ぶクルマの試作機を紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/817187/

携帯するクルマ、糖代謝計測器、ドローン傘、早く実用化してほしい近未来ガジェット8選

世界的なプラスチック汚染が懸念される中、すべての商品はリサイクルできることが求められている。そこでアディダスでは、100%リサイクル可能なTPU素材のスニーカーを考案。履く人のパフォーマンスとともに環境も一切損なわない。

【参考】https://dime.jp/genre/817190/

電動飛行機、空気いらずのタイヤ、飲む検査器、暮らしがもっと便利になる近未来プロダクツ10選

完全電動の小型飛行機。動力源が電気なので、従来のジェット機よりも環境負荷が少ない。最高時速240ノット(約440km)の速さで、650マイル(約1万km)飛行できる性能を目指している。なお、現在想定されている定員は9名。

【参考】https://dime.jp/genre/817228/

構成/DIME編集部

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します