サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 7/22~25の4連休の首都高、交通量が3割減少 1000円値上げが成果 一般道では渋滞も

ここから本文です
 赤羽一嘉国土交通相は30日の閣議後会見で、東京オリンピックに伴う22~25日の4連休中、首都高速道路の交通量が3年前の同時期に比べて「3割程度減少した」と公表した。国交省は東京都と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会からの要請を受け、大会関係車両の円滑な移動の確保のため、日中の首都高速のマイカー等の利用料金を1千円値上げする「ロードプライシング」を実施している。この成果が表れたとみられるが、赤羽国交相は「大会終了後に改めて検証する」とし、交通量に与えた効果を適切に評価する方針を示した。

おすすめのニュース

サイトトップへ