サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「新型ハリアーはライバル不在?」マツダの積極姿勢が生み出すCX-5のデザインとパフォーマンス

ここから本文です

最新技術をいち早く導入。フラッグシップは2.2リッターディーゼル

 開発プロセスが終了した技術&アイテムは、可能な限り素早く販売中のモデルに投入する――そんなマツダならではのスタンスで、「最新モデル」としての商品力をアピールするのが、発売から間もなく3年半が経過する現行CX-5だ。

「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」クルマ好きを魅了する流麗フォルムの最新設計モデル、マツダCX-30の商品性

 コーナリングの安定性を高める「Gベクタリングコントロールプラス」や、悪路や雪道走行時に威力を発揮する4WDの「オフロードトラクションアシスト」は、モデルライフ中に追加された新機能。360度ビューモニターやコネクティビティ機能の迅速なアップデートも、マツダらしいリファインの具体例だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ