サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【海外試乗】「アウディA3スポーツバック」第4世代のコンパクト・フオーリングスが発進

ここから本文です

【海外試乗】「アウディA3スポーツバック」第4世代のコンパクト・フオーリングスが発進

昨年フルモデルチェンジを果たしたフォルクスワーゲン・ゴルフからやや遅れて、実質的な兄弟車となるA3も全面刷新、4世代目へとバトンタッチされた。兄弟車とはいえ、その出自はプレミアムブランド。ゆえに期待されるのはさらにハイクオリティな作りと走り。果たして最新アウディはどう応えてみせたのか。

全方位的にプレミアム度をアップ

【スクープ】アウディの開発チームがテストする「フォルクスワーゲンID.4」ソックリのプロトタイプは何者?

今から四半世紀前に初代が登場したアウディA3は、フォルクスワーゲン・ゴルフをベースとしつつも、プレミアムコンパクトというワンクラス上の打ち出しが功を奏し、可処分所得にゆとりのあるややリッチなカスタマーを中心にセールスを伸長。その後、中国や北米向けの3ボックスセダンなどを加え、累計販売台数で500万台を超えるヒット作となっている。

4世代目となる新型のボディサイズは、全長が4343mm、全幅が1816mm、全高が1449mmと、従来型に対してわずかに長く、幅広い。ホイールベースは2636mmと変わりはなく、通常で380L、後席を倒せば最大1200Lの荷室容量が確保されている。

プログレッシブデザインと表現される新型A3のエクステリアは、従来型から随分と進化しているように見える。フロントエンドのシングルフレームグリルは一段と大きく下方へ広がり、ハニカムメッシュによりさらにスポーティな風情に。Sラインの特徴となるアルミカラーのエアインテークフレームも、アグレッシブな印象を見る者に与える。LEDヘッドライトはデジタル化の象徴で、カメラと連動して対向車を幻惑させることなく前方を効果的に照射するマトリックスLEDもオプションで用意される。ボディサイドも表情は豊かで、ショルダーのプレスラインはヘッドライトからテールランプまで伸び、従来にも増してスタイリッシュな印象を際立たせる。

試乗車はトップモデルのA3 35TFSI MHEVで、ギアボックスは7速のSトロニックを搭載。いまだに「35」という数字は聞き慣れないが、1.5L 4気筒の最高出力は150ps、最大トルクは250Nmで、注目はゴルフVIIIと同じベルト駆動スタータージェネレーター(BSG)を持つ48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載していること。すなわち、A3のエンジンは最新のゴルフと共通のEA211evoとなる。

同じくゴルフと同じMQBに構築された新型A3のシャシーは、フロントがストラット、リアが4リンクとサスペンションも基本的に共通で、試乗車にはオプションの225/40R18サイズのタイヤが装着されていた。ドライブモードをコンフォートにして走り出した第一印象は、スポーツタイヤを考慮してもゴルフよりはやや硬めなセッティングだということ。それでも路面がフラットなハイウェイだけでなく、やや荒れた一般路や山間路でも、まるでアイロンでシーツのシワを伸ばすようにスムーズな走行フィールを提供してくれる。もちろん、ダイナミックを選択すれば一層スポーティなハンドリングを楽しむことも可能だ。

アウディの得意技である、路面からのインフォメーションを正しく伝えてくれるステアリングシステムは新型A3でも健在だ。加えて48Vのマイルドハイブリッドは、アイドリングストップあるいはコースティング時からのエンジン再スタートがきわめてスムーズで、快適なドライバビリティを失うことなく燃費向上を可能にする。このように、新型A3は個性あふれるデザインと進化したダイナミック性能でプレミアム度をさらにアップ。今回試乗した35TFSIは来年春をめどに日本への導入が決まっているモデルで、ドイツでのベース価格(MT車)は2万8900ユーロ(約345万円)と発表されている。

【SPECIFICATION】アウディA3 35TFSI Sトロニック
■全長×全幅×全高=4343×1816×1449mm
■ホイールベース=2636mm
■トレッド=前1554、後1525mm
■車両重量=1320kg
■エンジン種類=直4DOHC16V+ターボ
■内径×行程=74.5×85.9mm
■総排気量=1498cc
■圧縮比=10.5
■最高出力=150ps(110kW)/5000-6000rpm
■最大トルク=250Nm(25.5kg-m)/1500-3500rpm
■燃料タンク容量=50L(プレミアム)
■トランスミッション形式=7速DCT
■サスペンション形式=前ストラット/コイル、後4リンク/コイル
■ブレーキ=前Vディスク、後ディスク
■タイヤ=前後205/55R16(7J)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します