サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽量化のためボディ外板に「樹脂」を使うクルマも多数! それでも「ボンネット」が金属製なワケ

ここから本文です

 この記事をまとめると

■重いものを動かすには大きな力が必要なため、クルマの軽量化は燃費・電費に大きく関わる

ミッドシップはガラスでエンジンが見えるクルマもあるのにボンネットが透明のクルマはなぜ存在しないのか?

■軽量化に役立つ樹脂素材だが、これまでに車両のボンネットに採用されたことはない

■樹脂素材は耐熱性・耐候性・耐久性に問題があり量産車への採用は見送られてきた

 クルマの軽量化は動力性能だけでなく燃費・電費にも超有効!

 環境性能のひとつとして、車両の軽量化は不可欠だ。エンジン車であろうと電気自動車(EV)であろうと、軽ければ軽いほど燃料消費も電力消費も改善される。

おすすめのニュース

サイトトップへ