サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、F1の環境保護への取り組みは”後手後手”だと警鐘「優れた頭脳を、合成燃料の開発に使うべき」

ここから本文です

 4度のF1王者であるセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は、環境に配慮したエンジンや持続可能な燃料の導入といったF1の取り組みが、必要とされるほど積極的ではないと考えている。

 環境や持続可能性の問題に積極的に取り組んでいるベッテルは、変化の激しい世界の動きから、F1が取り残される可能性を危惧しているのだ。

■ベッテル、環境への取り組みをますます進める「人に見てもらうためにやっているわけじゃない!」

 motorsport.comをはじめとする一部のメディアのインタビューに応じたベッテルは、「F1の上層部は目を覚まして、今計画されていることよりもはるかに多くのことをしなければならないことに気づく必要がある」と話した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン