サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ’20ホンダ新型アフリカツイン・テストライド【フルモデルチェンジで約4kg軽量化】

ここから本文です

’20ホンダ新型アフリカツイン・テストライド【フルモデルチェンジで約4kg軽量化】

ゴーライド編集長のオフ試乗インプレ

2016年に復活を果たしたホンダのアドベンチャーフラッグシップ「アフリカツイン」は、2018年にマイナーチェンジが行なわれパワーアップ。そして2020年モデルとして排気量を1100ccにアップしてフルモデルチェンジを果たした! その走りをオフロード専門誌『ゴー・ライド』の小川編集長がチェックしたのでお伝えしよう。

モンゴルの大自然で遊び尽くすオフロードバイクツアー【楽しみ方は自分次第】

●まとめ:小川浩康(ゴーライド編集長) ●写真:長谷川徹、ホンダモーターサイクルジャパン

フルモデルチェンジで約4kgの軽量コンパクト化!

パリダカールラリー・レーサーNXR750のレプリカとして、1988年に登場したホンダXRV650アフリカツイン。その後、750ccへ排気量アップし、世界中で7万3000台以上を販売するヒットモデルとなったが、排ガス規制もあり、惜しまれつつ2001年に生産終了となった。

しかし、2013年のダカールラリーにホンダワークスが復活参戦。そこで得たオフロード性能とツーリング性能を高次元でバランスさせ、快適に安心してどこへでも、どこまでも行ける”True Adventure”というコンセプトを掲げ、2016年にCRF1000Lアフリカツインとして復活を果たした。アフリカツインらしいオフロード性能を損なうことなく、排気量を998ccにアップし、高速巡航性能を大幅に向上。電子式変速機のDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)、セレクタブルトルクコントロール(トラクションコントロール)などの先進の機能も搭載していた。

そして2018年には早くもマイナーチェンジ。アクセルを電気信号化したスロットルバイワイヤを装備し、エンジン特性が4モードから選択可能になり、セレクタブルトルクコントロールは7レベルに細分化など、電子制御システムがより充実されたのだ。

さらに、それから1年で早くもフルモデルチェンジが行なわれた。さまざまな走行シーンで最適な剛性バランスを実現するために、フレームを新設計。エンジンはストロークを伸ばし、排気量を1082ccに増大。最高出力95psから102psへ7ps、最大トルク10.1kg-mから10.7kg-mへ0.6kg-mのアップとなった。スロットルバイワイヤの応答速度も向上し、よりリニアなレスポンスを実現しているという。

DCT仕様にはIMU(慣性計測装置)を用いたコーナリング走行検知制御を追加し、シフトタイミングがよりライダーの感性に近づいた。コーナリング中のブレーキ操作によるホイールロックも抑制するコーナリングABSも搭載している。またIMUから得られる車両状態に応じ、セレクタブルトルクコントロールには前輪の浮き上がりを3段階で抑制するウイリーコントロール機能を新たに追加。そうした新機能を盛り込みながら、車両重量は226kg(DCT仕様は236kg)と、前モデルから4kgの軽量化を実現しているのだ。

この新型アフリカツインのDCT仕様をモトスポーツランドしどきの特設コースでテストしてみた。当日は時々雨が降り、路面はややウェットで、ところどころに深いワダチやマディもあるコンディション。ライディングモードはオフロードにセット(パワーは4段階中3番目に抑えられ、エンジンブレーキは3段階で最もかかる)。

路面が滑りやすかったこともあって、7psのパワーアップは体感できなかった。だが、アクセルレスポンスがシャープすぎず、パワーはリヤタイヤが路面を確実にグリップするようにジワーっと立ち上がってくるのは体感できた。そして、ワダチやコーナー立ち上がりでリヤタイヤがスライドしても、アクセル開度を維持(パーシャル状態)していれば、トルクコントロールが介入してくる。大きくバランスが崩れる前にアクセル開度を適切に調整し、車体が直立してくる。その介入具合とマシン挙動に違和感がないから、トルクコントロールの制御に任せて安心して走っていけるのだ。

それと、スリムになったフレームのおかげでライディングポジションも自然と決まり、車体もコンパクトに感じる。250クラスよりは大きさと重量は感じるが、ダートでは250トレール並みの感覚でマシンコントロールができる。コンパクトさ、ともいえる乗り味を、リッターオーバーの車体で実現し、それを幅広いレベルで体感できるように仕上げられているのが、新型アフリカツインなのだ。

◆6つのライディングモードで走行できる!

車体左側グリップに設置されたスイッチを操作することで、6つのライディングモードに変更できる。パワー感とアクセルレスポンスが変わり、エンジンブレーキの効き具合、ABS設定も、それぞれのモードに合わせて変更される。

◆足着き性チェック

欧州仕様と同等のシート高は、ノーマル870mm、ローポジション850mm。国内仕様のノーマルは830mm、ローポジションは810mm。ライダーの身長は172cmで、欧州仕様同等ノーマルはつま先立ちとなり、シート高の高さを感じる。国内仕様ノーマルはカカトが少し浮くが、車重で振られる感じがなく、安心感がある。国内仕様はサスストロークがフロント20mm、リヤ60mm短くなっている。今回はオフロードコース、林道、ワインディングを走破したが、中級未満の筆者は、ストローク不足を感じた瞬間はなかった。

次稿では、’20新型アフリカツインのツーリング仕様「アドベンチャースポーツ/ES」テストライドの模様をお届けする。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します