サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大きいことは良いことだ! 今なら手が届く「大排気量マンモス車」5選

ここから本文です

大きいことは良いことだ! 今なら手が届く「大排気量マンモス車」5選

まだ手が届くかもしれない大排気量エンジン搭載車

 2000年代前半までを中心に、大排気量車はちょっと探せば見つかる存在だった。しかし、近年はダウンサイジングターボの普及もあり、メルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズでもメインは3L直6ターボとなっているなど、大排気量車は数えるほどしか見当たらない。ここでは排気量4.5L以上のマンモスのような絶版大排気量車をピックアップしていく。

「魔改造」し過ぎてもはや別物! 驚天動地のマツダ「マッハ号」とは何か

トヨタ•センチュリー(2代目)

 現在、主に専門の運転手さんが運転するショーファーカーとしては実質的に日本唯一となるセンチュリーは、現行モデルのパワートレインも5L V8ハイブリッドである。だが、1997年から20年間生産された先代モデルも5Lという排気量こそ変わらないものの、エンジンはおそらく日本の乗用車では最初で最後と思われるV12を搭載していた。

 先代センチュリーのV12エンジンは2.5L直6をふたつ繋げたという成り立ちだった。乗られている要人のためにも「絶対に止まることは許されない」というセンチュリーの性格もあり、すこぶる高い信頼性が求められていたのだ。V12エンジンの片バンクでも走れるエマージェンシー機構や燃料ポンプを2系統持つなど、航空機のような思想で設計されていた。 筆者は先代センチュリーに乗っていた時期があり、私にとって社会通念的な必要性はまったくなかったが、モーターのようなスムースさや静粛性、図太いトルクといったV12エンジンならではの魅力や、歴代手作業での生産となっているセンチュリーが持つクオリティの高さなどを味わえたのは、貴重な経験だった。

トヨタ•ランドクルーザー(100系/200系)

 登場が秒読み段階となっている次期ランドクルーザーのエンジンはそれぞれV6となる3.5Lガソリンターボと3.3Lディーゼルターボとなる。だが、ランドクルーザーは1998年登場の100系から高級車の要素に注力していたこともあり、先代モデルとなる200系と先々代モデルの100系はV8エンジンを搭載していた。

 100系は4.7L V8、2007年登場の200系は登場時4.7L V8、2009年から設計の新しい4.6L V8を搭載している。 どちらも悪路を歩くようなスピードで走る際にはアイドリングのちょっと上の回転数から扱いやすい太いトルクが欲しいもので、V8エンジンがそれを助けてくれた。ランドクルーザーとの相性はバッチリで、加速する姿も巨体だけにまた迫力あるものにしてくれるのだった。

日産シーマ(3代目)

 2001年登場の3代目シーマは日本では一代限りとなったインフィニティQ45から続く4.5L V8や3L V6ターボを搭載。ボディサイズなども大きく表面的な車格は当時のトヨタ・セルシオに匹敵するモデルだった。とは言え、3代目シーマも歴代同様にセドリックの拡大版というところが否めない点などがあり、総合的に見た車格はセルシオより半車格下というイメージだった。 しかし、それが必ずしも悪いということもなく、3代目シーマはビッグセダンとしては軽快な走りや日産車に求めたいBMWのようなスポーツ性を備えていた。また、4.5L V8は当時まだ少なかった直噴エンジンであったなど、日産車らしい先進技術も盛り込まれていて魅力的だった。

 なお、4.5L V8エンジン搭載車は初代フーガにも設定されており、こちらは3代目シーマ以上に運転して面白いビッグセダンだった。

三菱プラウディア&ディグニティ

 プラウディア&ディグニティは三世代続いたデボネアの後継車として1999年12月に登場している。 プラウディア&ディグニティはプラウディア/標準ボディ、ディグニティ/ロングボディで、FF車となる点や韓国のヒュンダイにエクウスの車名で供給された点も、2代目モデル以降のデボネアと同様だった。

 エンジンはプラウディアがそれぞれ直噴となる3.5L V6と4.5L V8、ディグニティは後者のV8を搭載している。クルマの仕上がりは当時キャデラックの大型セダンがFFだったこともあり、「和製キャデラック」と評価もあったほど、良好だった。 しかし、プラウディア&ディグニティは2001年3月に生産を終了、短命に終わった。なお、ヒュンダイに供給されたエクウスはプラウディア&ディグニティとは対照的に好調で、10年間のモデルサイクルの後、現在はヒュンダイの高級ブランドとなるジェネシスで3代目モデルに移行している。

メルセデス・ベンツ(W140型600系)

 1991年に登場したW140型Sクラスは巨大なボディサイズ、車重は最軽量で約2t、二重構造となった側面ガラスなど、当時のメルセデス・ベンツらしい戦車のようなモデルだった。

 そのフラッグシップとなるのが6L V12エンジンを搭載する600系で、W140型は素晴らしいクルマなのは確かながら、日本のバブル崩壊など当時は世界的に景気が悪かったこともあり、いろいろな意味で重厚長大、「やり過ぎ」という感も否めず、歴代Sクラスにおいて商業的には成功しなかったほうのモデルだった。 しかし、こういったクルマはW140型の後、ライバル含め現在までほとんどないこともあり、好きな人なら「これしかない」といえる存在なのも事実ではある。

 この種の大排気量車は大排気量ゆえの燃費の悪さや自動車税の高さが敬遠され、中古車が安いこともある。欲しいものがあるのなら、予算を決めるなどお金を使い過ぎない範囲で一度自分のものにすることをお勧めする、そんなクルマたちである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します