サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 29歳、フェラーリを買う──Vol.40 超有名漫画家が360モデナを描き下ろす!

ここから本文です

29歳、フェラーリを買う──Vol.40 超有名漫画家が360モデナを描き下ろす!

連載『29歳、フェラーリを買う』が40回目を迎えた。

2019年春、ひょんなことからフェラーリを購入してからというのも、意外なほどネタに尽きることなく今まで連載が続けられた。

打倒ハスラー! ダイハツの新型軽自動車がカッコいい! 東京オートサロン2020リポート【第2弾:ダイハツ TAFTコンセプト編】

なんといっても、ボク自身、フェラーリについての知識をほとんど有していなかったから、あらゆる経験が新鮮だった。

納車されたその日に東名高速道路の町田インターチェンジから御殿場インターチェンジを往復。現在装着しているタイヤはダンロップの「SP SPORT MAXX 050+」。通販型自動車保険では車両保険に加入出来なかったり、純正サイズのタイヤがほとんどなかったり、キル・スウィッチを切らないまま放置しておくと1~2週間でバッテリがーあがってしまったり……フェラーリを維持するうえで、避けては通れない数々のことを経験した。

多くのクルマに比べれば面倒なことばかりかもしれない。が、「手がかかる子どもほど可愛い」とも言われるように、筆者も、「わが子」ともいうべき360モデナが、手がかかるほど、可愛くなってきた。これまで短くて数カ月、長くても1年しかクルマを所有してこなかったボクは、所有車に対し愛着なんて沸いたことはなかったから自分でも信じられない。

【前回のおさらい】Vol.39 新車フェラーリを購入!?

20年以上、「F355」を所有する女優・夏樹陽子さん。また、連載によって素敵な人たちとの出会いもあった。女優・夏樹陽子さんからはフェラーリの魅力や維持するうえでのコツをたっぷり聞けたし、歌手・杏里さんからはン十万円かけて構築したオーディオ・システム(JBL製)を、実際お聞きいただき、「イイ音ですね」と、高い評価までいただいた。仕事やプライベートでも「あ、あの連載のイナガキさんですか」と、声をかけられる機会もちらほら。

杏里さんには、筆者の360モデナに装着したJBLのオーディオ・システムを評価いただいた。依頼した超有名漫画家とは?とはいえ、愛車のコンディションがあまりにも好調のため、読者は物足りないようでもある。なんらかの故障やトラブルを期待されているのだ。ボク自身、「2000年製のクルマだからいずれ壊れるだろうなぁ~」と、乗るたびそわそわしているのも事実。

が、大きなトラブルが発生しそうな予兆は皆無だ。普段、クルマの点検をお願いしているフェラーリ横浜サービス・センターの高橋忠久工場長も「頻繁に壊れるフェラーリは皆さまが思うほどありません」という。もちろん、個体差はあるかもしれないし前オウナーの管理方法にもよるかもしれないが。

【前回のおさらい】Vol.39 新車フェラーリを購入!?

普段の整備は横浜市にあるフェラーリ横浜サービス・センターに依頼。希望すれば下まわりを見せてくれる。360モデナの主治医である高橋忠久工場長。とはいえ、実はここにきてトラブルが発生した! 時折、外から助手席ドアを開けることができなくなったのだ。室内から開ければ大丈夫であるものの、大切な人を乗せるにはちょっとカッコ悪い。というわけで、修理したのでその模様は次回報告する。

連載40回目という節目に故障の話は避けたい。が、なんらかのスペシャルな企画にしたい……。サーキットを全開走行というのも考えたが、時節柄、降雪の可能性もあるため、本企画は春に迎えるはずの50回目記念にとっておこうと思う。

副編集長に企画を相談したところ思いもよらぬ提案が。

「有名漫画家に君のフェラーリを描いてもらえば?」

有名漫画家が描くフェラーリがどうなるのか気になったという。しかも、「フェラーリを連想しないような漫画家に描いてもらうといいと思うな」と、条件つき。「そのほうが新鮮で、読者も喜ぶのでは?」とのこと。普段、漫画をほとんど読まないボクには厳しい条件である。

【前回のおさらい】Vol.39 新車フェラーリを購入!?

連載当初から一貫して、安井宏充カメラマンに撮影を依頼している。どんな場所でもカッコよく360モデナを撮影してくださる安井カメラマンにはいつも感謝している。いつも連載では、安井宏充カメラマン撮影のカッコいい写真を掲載しているが、漫画の掲載はたった1回しかない。辛酸なめ子さんに描いていただいたイラストである。ただし、こちらはフェラーリにかんするエピソードをまとめていただいたエッセイ風イラストなので漫画とは少々違うかもしれない。

さて、誰に依頼すればよいのか……これまで交換してきた膨大な名刺をとりあえず確認したところ、ある人の名刺に「漫画家 桜沢エリカ」の文字が。

辛酸なめ子さんが描かれたイラスト。ボクと360モデナの関係性をしめしている。桜沢さんといえばレディースコミック界の大御所である。これまで、『メイキン・ハッピィ』など多くの作品を発表しているし、さまざまな企業の広告でも描いている。漫画に疎いボクですら、桜沢さんのお名前は知っていたし、どんなタッチの漫画を描かれるのか知っている。

名刺を交換した相手は、桜沢さんの所属事務所社長の九里直美さんだった。さっそく、九里さんに企画内容を相談すると「スケジュールさえ合えば大丈夫じゃないかしら?」とのこと。

【前回のおさらい】Vol.39 新車フェラーリを購入!?

桜沢エリカ:7月8日東京生まれ。10代でデビューして以来、コミック誌やファッション誌など多方面で活躍中。女性の心情をリアルに描写した漫画やイラストを多く手掛けるほか、そのファッションセンスも注目を集める。1991~93年、『メイキン・ハッピィ』で人気が不動に。1997年飛鳥新社より選集(全10巻)刊行開始。粋なストーリー漫画を描く一方、『シッポがともだち』のようなエッセイ漫画にも定評があり、自身の出産体験は『贅沢なお産』(飛鳥新社・新潮文庫)、『今日もお天気』シリーズ(祥伝社)に詳しい。趣味は健康道追求、お買い物、バレエ、歌舞伎&バレエ鑑賞。早速、公開日(1月10日)と納期を伝えたところ、「お引き受けしましょう!」とのこと。

あの桜沢先生にボクの360モデナを描いていただけるとは夢にも思っていなかった。が、360モデナ以外も描いてもらうことになったのだ。

フェラーリのみならずボクまで登場!?九里社長が、「桜沢らしさを出すなら、フェラーリとともに人物を描いたほうがいいと思う」と、提案された。

360モデナと人物……誰をどんな風に描いてもらえば良いか悩んでいると、「それだったらイナガキさんを描いてもらえばいいじゃない! それがいいと思う」と、九里さん。

「え、ボクなんかでいいのですか?」「いいのよ! イナガキさんのクルマなんだから」と、九里さんが背中を押す。とはいえ、ルックスに自信はない。九里さんにその旨伝えると「大丈夫よ! 漫画なんだから!」と、述べる。きっと、ボク自身をカッコよく描いてくれるに違いない!?

【前回のおさらい】Vol.39 新車フェラーリを購入!?

桜沢さんが描かれるにあたり送付した写真。打ち合わせを進めるなか、桜沢さんの漫画といえば、女性が主人公の作品が多いのを思い出した。せっかくなら女性も描いていただきたい。九里さんに相談すると「具体的なシチュエーションを指定してくれたほうが桜沢も描きやすいのよね。イナガキさんと女性……デート・シーンなんかいいんじゃない?」とのこと。

まさか桜沢さんに、360モデナをメインにした恋愛シーンを描いていただけるとは、さらなる驚きである。ちょうど横浜で撮影した写真があったので、それを九里さんに見せると「いい写真じゃない。これをベースにしましょう」と、内容が決まった。

はたして、桜沢さんが描く360モデナとボクと女性はいかに……。

これから先がどうなるか? 楽しみな関係12月27日、予定よりも早く完成したイラストが届いた。見た瞬間、「カッコイイ!」と、思わず声をあげてしまった。それほど360モデナがカッコよく描かれていたのである。

クルマの横には見つめ合う男女が。男性はもちろんボクである。ちょっとカッコすぎやしないか。“読者の皆さま、スイマセン”という気持ちでいっぱいである。実物はこれほどカッコよくないのに……。

そしてまた、グリーンのスカートを履く女性が美しい。まさに桜沢さんが描くタッチの女性である。クルマも人もカッコイイうえに美しい。

桜沢さんに、今回描かれた作品にかんする話を訊いた。

ボクの360モデナを見た印象

A.フェラーリって赤のイメージが強かったので、見た瞬間、“シックで素敵!”と、思いました。

描かれた作品の設定シーン

A.男性はイナガキさんがモデルです。この女性とはまだ“ステディ度”がそんなに深まっていなくて、これから先がどうなるか? 楽しみな関係です。

フェラーリに乗って横浜をデートするなら、どこへ行きたいか?

A.横浜は、みなとみらい21地区のようなサイバーで近未来的な場所と、「ホテルニューグランド」のような重厚でクラシックな建物がミックスされていて面白いので、あてもなく走っているだけでも十分楽しめそうです。

ドライブ・デートの思い出は?

A.私自身はクルマに乗った瞬間、すぐに寝てしまうので、ドライブ・デートには向かない女なんです(笑)。

若者の自動車離れが進むなか、29才がフェラーリに乗ることについてどう思うか?

A.「欲しいものがない」などと言って、物をあまり買わず、コンパクトに暮らす若者が増えるなか、これほど大きなもの買うなんて、気骨がある! イイと思いますよ!

連載40回目にふさわしい素晴らしい作品によって、360モデナの素晴らしさをあらためて認識した。「まだまだ維持しなくては!」と、所有を続けることに対する思いが強くなる。50回目、60回目……と、節目の回は、またアッと驚く企画を考えるので乞うご期待!

次回は、開かなくなった助手席側ドアの修理をリポートする。

文・稲垣邦康(GQ) 写真・安井宏充(Weekend.)

29歳、フェラーリを買う』直近記事

Vol.39 新車フェラーリを購入!?

Vol.38 フェラーリと銭湯

Vol.37 半年間の通信簿と今後の不安

Vol.36 プチ・カスタマイズ

Vol.35 謎多き付属マニュアル(後編)

Vol.34 謎多き付属マニュアル(前編)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します