サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【F1キャリアに一区切り】ケビン・マグヌッセン、プジョーWEC加入 大転身と目標語る

ここから本文です

7年のF1キャリアを終えて

レースドライバーのケビン・マグヌッセンは、F1ドライバーからル・マン耐久ドライバーへと大きな転身を果たす。2022年にル・マン24時間レースに復帰するプジョーと契約すると決めたのは、再び勝利を目指して戦いたいという願望があったからだと語った。

【画像】ラテン系のおしゃれライオン【プジョーの人気モデル6選】 全178枚

デンマーク出身、28歳のマグヌッセンは、2020年末にハースF1チームから離れ、7シーズンのF1キャリアに終止符を打った。現在は、米国のIMSAスポーツカー選手権に参戦しているチップ・ガナッシ・レーシングでキャデラックのハンドルを握っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ