サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1テスト2日目午前、レーシングポイントのペレスが最速。メルセデスの”ステアリング”に疑いの目? ホンダ勢2台も好調

ここから本文です

 スペインのカタルニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテスト前半2日目。午前中のセッションが終了し、レーシングポイントのセルジオ・ペレスがトップタイムを記録した。タイムは1分17秒347だった。

 初日も好調な走りを見せたペレスだったが、この日も速さは健在。48周を走行し、セクター1とセクター2を最速で駆け抜け、首位に立っている。

■メルセデスF1の秘密兵器が判明? ”謎のモード”でステアリングが前後に動く!

 2番手につけたのは、漆黒のマシンを走らせているルノーのダニエル・リカルドで、1分17秒749を記録。走行距離は41周だったが、セクター3ではベストタイムをマークした。

おすすめのニュース

サイトトップへ