サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「注目スポーツカー試乗」最新にして、すでにクラシック! BMWエンジンを搭載したモーガン・プラスシックスの骨太思想

ここから本文です

83年目のモデルチェンジ! 最新型はアルミ製プラットフォーム採用

 モーガンが、それまでの3輪スポーツカーに加えて、初の4輪車、4/4を発表したのは1936年。以来モーガンは基本設計を変えずに、オープンスポーツカーを作り続けてきた。それが80年以上の時を経て、ついに新型に切り替わった。
 新型プラスシックスとプラスフォーである。欧州ではプラスシックスが2019年、プラスフォーは20年にデビュー。日本ではともに20年に発売された。

ベントレーが誇る高性能グランドツアラーのコンチネンタルGTに最強バージョンの「スピード」が復活。6リットルW12エンジンは659psの最高出力を発生

 従来のモーガンは、オーソドックスな鉄製はしご形フレームを採用していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ