サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「注目スポーツカー試乗」最新にして、すでにクラシック! BMWエンジンを搭載したモーガン・プラスシックスの骨太思想

ここから本文です

「注目スポーツカー試乗」最新にして、すでにクラシック! BMWエンジンを搭載したモーガン・プラスシックスの骨太思想

83年目のモデルチェンジ! 最新型はアルミ製プラットフォーム採用

 モーガンが、それまでの3輪スポーツカーに加えて、初の4輪車、4/4を発表したのは1936年。以来モーガンは基本設計を変えずに、オープンスポーツカーを作り続けてきた。それが80年以上の時を経て、ついに新型に切り替わった。
 新型プラスシックスとプラスフォーである。欧州ではプラスシックスが2019年、プラスフォーは20年にデビュー。日本ではともに20年に発売された。

ベントレーが誇る高性能グランドツアラーのコンチネンタルGTに最強バージョンの「スピード」が復活。6リットルW12エンジンは659psの最高出力を発生

 従来のモーガンは、オーソドックスな鉄製はしご形フレームを採用していた。新型は接着とリベットを用いたアルミ製プラットフォームを導入。単体重量は98kgで、ねじり剛性は従来比で約2倍に向上したという。
 サスペンションも新しい。フロントがスライディングピラー式、リアは板バネを使ったリジッドアクスルだったサスペンションは、4輪ダブルウィッシュボーンに一新した。

 とはいえ、新型もモーガンらしさは濃厚だ。キャビン周囲は依然として伝統の木骨で構築されている。スタイリングもほぼ変わらない。モーガンに詳しくなければ、新旧の見分けは難しいと思う。強烈なアイデンティティはそのままだ。
 ボディサイズは全長×全幅×全高3910×1745×1280mm。プラスシックスと同様に6気筒エンジンを積んでいた旧型ロードスターと比べると、幅は30mm広がっているものの、バンパーレスになった全長は130mm短い。

パワーユニットは340psのBMW製6気筒ターボ!

 試乗車は上級グレードのツーリング。ハードトップを標準装備していた。木の骨組みを持つ軽いドアを開けて乗り込むと、キャビンが旧型より確実に広くなったことに気づく。
 シートはタイトな作りだが、スライドやリクライニングだけでなく、ステアリングのチルトとテレスコピックの調節が可能。自分好みのドライビングポジションが取れるようになった。

 平面のウインドスクリーン越しに、エンジンフードやフロントフェンダー、ヘッドランプの豊かな曲線美を眺める景色はモーガンそのもの。脱着式サイドカーテンや古典的なドアミラー形状を含めて、ユーザーがモーガンに何を求めているのかを、知り尽くしている。

 新世代モーガンはBMW製エンジンを積む。プラスシックスは、3リッター直列6気筒ターボ、プラスフォーは2リッター直列4気筒ターボで、8速ATもBMW製だ。プラスフォーは6速MTも選べるが、プラスシックスはATのみとなる。
 1075kgという軽量車体に対して最高出力は340ps、最大トルクは500Nmのハイスペック。加速は余裕たっぷり。かなりの勢いで速度を上げていく。サウンドは旧型に比べると控えめだが、トンネルで窓を開けると、昔の英国製直列6気筒エンジンを思わせる響きが耳に届く。

フットワークはモーガンそのもの。走りは奥が深い!

 旧型から最も進歩したのは乗り心地だ。フロントが225/35ZR19、リアが245/35ZR19という太く偏平なタイヤを履くにもかかわらず、現代のスポーツカーに求められる快適性を手に入れた。直進安定性も大幅に向上している。それでいて荒れた路面では、ショックで木骨がしなる様子が伝わってくる。モダンになってもあえて独特の感触を残している。

 パワーアシストが付いたステアリングを操ってのフットワークもモーガンそのもの。長いノーズをコーナーに導き、後輪近くに座って旋回を堪能する行為は実に楽しい。クラシカルなデザインともども、このブランドの根幹となる魅力はそのままだ。

 新型プラスシックスは、モーガンならではの走りの世界を、エアコンの効いた快適なキャビンで、イージードライブとともに味わうことができる。自分たちが守り続けてきた伝統のどこが大切で、どこを変えればいいかを熟知しているからこそ、絶妙な進化が果たせたのだろう。最新モデルにしてすでにクラシック、モーガンは奥が深い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します