サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボッシュ、シェルやVWと低炭素ガソリン「ブルーガソリン」を開発 CO2を20%削減可能

ここから本文です

ボッシュ、シェルやVWと低炭素ガソリン「ブルーガソリン」を開発 CO2を20%削減可能

ボッシュ、シェルやVWと低炭素ガソリン「ブルーガソリン」を開発 CO2を20%削減可能

 独ボッシュは、シェルやフォルクスワーゲン(VW)と低炭素ガソリン「ブルーガソリン」を開発したと発表した。最大33%の再生可能エネルギー由来の成分を含み、ウェル・トゥ・ホイール(油井から車輪まで)視点で1km走行当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を少なくとも20%削減する。まずはドイツを皮切りに通常のガソリンスタンドで供給できるようにする。

 ブルーガソリンは、「R33ブルーディーゼル」に続く新開発の燃料。「EN228/E10」規格に準拠し、すべてのガソリンエンジンで使用できる。ボッシュは5月に自社のガソリンスタンドでブルーガソリンの提供をはじめ、シュヴィーバーディンゲンの拠点を皮切りにネットワークを広げる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します