サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルナンド・アロンソ、”リスキー”な1ストップ戦略で入賞を目指すも叶わず……「でも楽しいレースだった」

ここから本文です

 F1スペインGPの予選では躍進を遂げ、2台揃ってQ3進出を果たしたアルピーヌ勢。しかし決勝レースでは戦略はハマらず、エステバン・オコンが9位に入るのが精一杯。チームメイトのフェルナンド・アロンソに至っては、17位に終わった。

 レース後にアロンソは、リスキーな戦略を採っていたと明かした。

■角田裕毅のトラブルは燃料圧力の低下。ホンダ田辺TD「急に異変が起きて、燃料が来なくなった」

「確かにリスキーな戦略だった。20周目前後というところで、僕は11番手だった。その頃、各車がピットストップをし始めたんだ。そして23~24周目というところで、先にピットストップを済ませていたガスリー(ピエール・ガスリー/アルファタウリ)に反応しなければいけなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ