現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > じつはハイブリッド車がエコじゃないかもしれない可能性

ここから本文です

じつはハイブリッド車がエコじゃないかもしれない可能性

掲載 更新
じつはハイブリッド車がエコじゃないかもしれない可能性

 トータルコストでみるとガソリン車の方がエコ

 Well-to-wheelという考え方があります。井戸から車輪へ、という意味で、エネルギーが採取されて実際に動力になるまでの全体の効率を加味した燃費のことで、これを1km走行当たりのCO2排出量で現すのが一般的です。

【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

 ガソリンの場合は、油田から採取した原油をタンカーで日本に運び、ガソリンに精製してタンクローリーでガソリンスタンドへ、というメカニズムになっていますね。そのときに消費するエネルギーも、実際の走行時の燃費に組み込むわけです。

 電気自動車の場合には、発電所で作った電力を送電線を通じて配ることになります。太陽光で発電すれば元のエネルギーはゼロに近いわけですが、石炭火力発電所や石油火力発電所を使ってしまうとそこで確実にCO2が排出されます。同じようにFCV(燃料電池車)も、水素を生成するために多くのエネルギーを使うとすれば、それは間違いなくCO2が排出されていることになります。

 燃費に相当するものは、Well-to-Wheelで出てきます。いろいろな算出方法があり、何を信じていいのかわからないのが本音ではありますが、ハイブリッドカーは30%ほど、ガソリンエンジン車よりもCO2の排出量が少なくなるというのが一般的です。ちなみに日本の電気自動車ではハイブリッドカーの半分、ガソリンエンジン車に対して60%少なくなります。またFCVはハイブリッドカーと大差ないデータになります。

 しかし問題はクルマが生産されるときに使用するエネルギーの大きな差であり、廃棄されるときの環境負荷です。そうしたクルマの生産・破棄時のエネルギーなどに、Well-to-Wheelをプラスしたものが、ライフサイクルアセスメントです。

 バッテリーというのは極めて多くのエネルギーを消費して生産されます。また破棄するときの処理も大変で、もしそのまま朽ち果てるまで放置するようなことになれば、有害物質が流れ出る可能性もあります。

 さらにモーターには大量の銅が使用されますが、見慣れているものの銅も一応レアメタルで、環境負荷が高い物質です。ちなみに太陽光パネルは生産時や破棄時に大量のエネルギーを消費することになります。

 ライフサイクルアセスメントでいえば、現在の時点ではノーマルガソリン車とEVは同等のCO2排出量であると言われています。今後バッテリーのリサイクル技術などが進歩することが予想できるので、おそらく10%~20%程度はEVにアドバンテージが生れるとは思います。

 問題はハイブリッドカーやプラグイン・ハイブリッドカーで、小さいとはいえバッテリーとモーターを装備している上に、必ずノーマルエンジン車と同じようなサイズのエンジンやトランスミッションを持っていますね。それではノーマルのガソリン車に比較してアドバンテージがあるとは考えられません。

 そもそもハイブリッドカーのほとんどは、燃料をケチることで燃費データを稼いでいます。上手くケチるために、ハイブリッドシステムを活用している、といっていいかもしれません。ドライバーがアクセルを踏んでも可能な限り加速力を弱くし、また上り坂で速度を維持するつもりはなくダラダラと速度低下させます。

 つまり効率の高さで燃費が上がっているというよりも、セコくケチケチ使っていることが大きいんですね。加速が遅いということは当然運動エネルギーが小さいわけですから、自分の燃費が良くなるのは当然なんです。ただそうして引き起こされる渋滞、交通の流れの悪化は確実に存在しているので、他人の燃費を悪化させることになります。これではエコカーというより、自分さえ良ければOKというエゴカーですね。

 結局コストというのはエネルギーのことなんですね。高価になるのは多くのエネルギーを費やしているからです。現在ハイブリッドカーとノーマルエンジン車の価格差を、燃費の差額で埋めることができません。ということは、ハイブリッドカーのほうがエネルギーを多く消費していると推察できるわけです。もし省エネルギーをエコだと規定するなら、トータルコストからハイブリッドカーよりもノーマルガソリン車のほうがエコだとジャッジすることができますね。効率を考えるならシンプルなものが一番なんです。

こんな記事も読まれています

衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
くるまのニュース
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
Merkmal
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
GQ JAPAN
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
乗りものニュース
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
@DIME
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
GQ JAPAN
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
@DIME
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
乗りものニュース
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
グーネット
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
レスポンス
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
Webモーターマガジン
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
WEB CARTOP
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
VAGUE
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
くるまのニュース
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村