サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タクシー利用もキャッシュレス決済で5%還元11日から開始! 日本交通タクシー約6000台が対応スタート

ここから本文です

タクシー利用もキャッシュレス決済で5%還元11日から開始! 日本交通タクシー約6000台が対応スタート

■スマートでスピーディな決済が可能に!

 日本交通は、東京・大阪を中心としたタクシー約6000台の運賃に、経済産業省が実施するキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)を対応させることを発表。対象となるキャッシュレス決済手段でタクシー運賃を支払った場合に、5%の還元が受けられます。

タクシーだけど個人所有も可能!? 都内で急増するトヨタ「ジャパンタクシー」とは

 日本交通では、 JapanTaxiによるタクシー配車アプリ「JapanTaxi」への対応や、セルフレジ型マルチ端末『決済機付きタブレット』の導入を通じ、タクシーのキャッシュレス化を推進。ユーザーの支払い手続きの手間を軽減することでスマートでスピーディな降車を実現し、タクシー利用時の満足度の向上を目指します。

 キャッシュレス化は、 乗務員による現金管理の簡素化や防犯につながるだけでなく、インバウンド需要が増加するなかでの訪日外国人観光客の利便性向上や、需要の取り込みにも寄与することが期待されます。

 日本交通の都内タクシーではすでにキャッシュレス決済が導入されている割合が6割以上となっており、今後もキャッシュレス化の加速が見込まれています。

 キャッシュレス消費者還元対応期間は、2020年2月11日から2020年6月30日で、日本交通(東京23区、武蔵野市、三鷹市)、日本交通立川(立川市、調布市、稲城市、町田市)、日本交通横浜(横浜市、川崎市、大和市、小田原市など)、日本交通埼玉(さいたま市)、東京・日本交通(大阪市、守口市、高槻市、京都市、神戸市など)、さくらタクシーグループ(大阪市)のタクシー車両6016台で、対象車両に貼られているポイント還元のステッカーが目印です。

 また、支払い方法は、Visa、JCB、American Express、MasterCard、DinersClubの各種クレジットカードとSuicaなどの交通系IC。電子マネーでは楽天Edy、iD、QUICPay、WAON、nanaco。決済アプリでは、JapanTaxi Wallet、Origami pay、LINE Pay、d払い、メルペイ、au PAYが対象となります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します