サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > e-tron フィアット500 トゥーラン 8シリーズ!!! 輸入車限定モデル・特別仕様車・ニューモデル 最新情報

ここから本文です

e-tron フィアット500 トゥーラン 8シリーズ!!! 輸入車限定モデル・特別仕様車・ニューモデル 最新情報

 2021年4月 アウディはEV「e-tron GT」を発表した。その詳細ほか、フィアット500・BMW 8シリーズ グラン クーペの限定モデル、ゴルフ トゥーラン・C5エアクロスSUVなどのアップデート情報を網羅。輸入車勢の動きが相変わらず活発だ。

 国内メーカーからは三菱 ミラージュの特別仕様車「Black Edition」の情報も合わせてお伝えする。

2020年度軽乗用車販売で6年ぶりトップ!! 今スズキがダイハツより売れている理由は?

※本稿は2021年4月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年5月26日号

【画像ギャラリー】e-tron GT クワトロの追加画像も含め、最新モデルの画像をギャラリーでチェック!

■アウディ e-tron GT クワトロ(ニューモデル・2021年秋発売予定)

 アウディは4月6日、EVである「e-tron」第二弾として登場した「e-tron GT」のオンライン発表会を開き、概要と価格を発表した。

全長・全幅・全高を4990mm・1965mm・1413mmとし、ダイナミックなボディデザインとしている

 今回の発表によると、同モデルには標準グレードのGTと、よりハイパフォーマンスなRSの2グレードを展開する。なおEVにおけるRSグレード展開は同車が初となる。

 モーターは前後に2基配置され、システム最高出力は475ps、RSでは598psを発揮。この強大なパワーにエレクトリックquattroを組み合わせることによって圧倒的な運動性能を確保している。

 バッテリーは総容量93kWh(実際の使用容量84kWh)であり、フロア下に搭載される。システム電圧は800V、気になる航続距離は500km以上を実現している。

 シャシーにはエアサスペンション、オールホイールステアリングなどを装備することができ、ホイールは19インチ以上となる。

 充電に関しては200Vの普通充電で8kWまで、急速充電(CHAdeMO)は150kWまで対応する。

 日本での販売は2021年秋を予定しており、価格は1399万円。RSの場合は1799万円なる。

 なお日本仕様の諸元は明らかになっておらず、認可取得後に改めて発表される。

●アウディ e-tron GT quattro 諸元表(ドイツ仕様より抜粋)
・全長/全幅/全高:4989/1964/1413mm
・車体重量:2276kg
・システム最大出力:475ps
・最大トルク:630Nm
・バッテリー種類:リチウムイオン
・バッテリー総容量:93.4kWh
・駆動形式:エレクトリックquattro(4WD)
・トランスミッション:2速オートマチック
・価格:1399万円~

■フィアット 500 エレガンツァ(限定モデル・4月10日発売)

 フィアットは4月10日、通常モデルにはないボディカラーを採用し、上質感をより高めた限定モデル、500エレガンツァを発売した。

国内に設定されていない1.2ラウンジをベースとし、上質かつ快適な一台に仕上げられた

 エレガンツァは、イタリア語でエレガントを意味する言葉で、その名のとおり上質をイメージしたスタイルに仕上げられている。

 このエレガンツァのベース車は、国内では設定のないグレード「1.2ラウンジ」。1.2L直列4気筒エンジンを搭載し、充実した装備を組み合わされているグレードである。

 外装では、ボディカラーには限定色となるエピック・ブルー、ボルドーの2色を設定。そこにクロームメッキによるアクセントがプラスされた前後バンパーを装備。また、エレガンツァ専用の14スポークを持つ15インチアルミホイールを履くことで、通常モデルの500より一層高級な見た目へと進化している。

 内装には、ガラスルーフのほか、ボディカラーと同色のインパネを持ち、そこにアイボリーを基調としたシートなどを装備することで上質感を出している。

 価格は220万円。各色100台限定とされる。

●価格:220万円

■フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン(一部仕様変更・4月16日発表)

 フォルクスワーゲンは4月16日、ゴルフトゥーランの一部仕様変更を発表した。

TDI、TSI合わせて全6グレードを用意。グレード間での最大価格差は114万円

 今回の変更では主にパワートレーン、インフォテイメントシステムの改良を行った他、安全性の強化を図っている。

 パワートレーンには新たに1.5TSIエンジンを採用。インフォテイメントでは、最新のDiscover Proを採用し、「We Connect」の提供を可能とした。価格は321万9000円から。

●価格:321万9000円~

■ベントレー コンチネンタルGT スピードコンバーチブル(追加モデル・4月14日発表)

 ベントレーは4月14日、コンチネンタルGTコンバーチブルの高性能版であるGTスピードコンバーチブルを発表した。

ルーフは密閉機構の改良によって走行騒音を低減する。ルーフカラーは全7色

 エンジンは、6L W型12気筒TSIエンジンを搭載し、659psというハイパワーを発生。0-100km/h加速は3.7秒を記録する。

 装備される専用ルーフは19秒で開閉が可能であり、ワンプッシュですべての動作を完了する。価格は3730万円。日本国内での受注を開始しており、デリバリーは2021年秋頃を予定している。

●価格:3730万円

■シトロエン C5エアクロスSUV(一部仕様変更・4月8日発売)

 シトロエンは4月8日、C5エアクロスSUVの一部仕様を変更し、販売を開始した。

この仕様変更により、ナッパ―レザーパッケージオプションのトリムカラーをブラックとライトグレーに変更した。またシャインにはブラインドスポットモニターなども装備

 今回の仕様変更によって、全グレードでLEDヘッドライトを標準装備とした。また、エンジンも進化しており、欧州排ガス規制に対応するため、ガソリンエンジンの燃費を改善。リッター当たり13.8kmから15kmへと向上。従来燃費より9%の改善に成功している。

 価格はシャインのガソリンエンジン車の場合420万円。シャインのディーゼルエンジン車は439万円となる。

●価格:420万円~

■BMW 8シリーズ グラン クーペ コレクターズエディション(限定モデル・4月8日発売)

 BMWは4月8日、8シリーズの限定モデル「グラン クーペ コレクターズエディション」の発売を開始した。同モデルは6月末までのオーダー受付となる。

ボディカラーは全4色から選択可。ベース車との価格差は176万円である

 このモデルは、840i Mスポーツをベース車とし、直列6気筒エンジンなどはそのままに、特別色や専用のクローム・ライン・エクステリア、Mスポーツシートを採用。さらに高級感が増したモデルとなっている。価格は1511万円となる。

●価格:1511万円

■三菱 ミラージュ Black Edition(特別仕様車・4月15日発売)

 三菱は4月15日、コンパクトカーのミラージュに黒をアクセントにした特別仕様車、ミラージュ ブラックエディションの販売を開始した。

ブラックをふんだんに使うことでスポーティな見た目へと仕上がっている

 ベース車は上級グレードである「G」とし、外装はルーフ、ルーフスポイラー、電動ドアミラーをブラックマイカとすることで精悍な印象に仕上がっている。

 また、内装も専用シート生地などを採用。価格はモノトーン色で159万7200円。ツートーン色は161万3700円となる。

●価格:159万7200円~

【画像ギャラリー】e-tron GT クワトロの追加画像も含め、最新モデルの画像をギャラリーでチェック!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します