サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ユーザーの乗り方次第では「お得」だがリスクも! いま流行の「残価設定ローン」と「リース」を比べてみた

ここから本文です

 メーカーや車種で残価設定率が大きく異なる

 残価設定ローンとは、契約年数が終了した時点での車両残存価値をあらかじめ定め、その金額を車両価格から差し引いた残りを分割払いで支払う購入方式だ。したがって、前提となるのは3年あるいは5~7年といった支払期間終了後に、そのクルマがどれほどの価値を保持し続けていられるかに掛かっている。その設定の仕方次第で、メーカーや車種によって残存価値の値段が違ってくる。

「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

 予想を大きく下まわれば、販売会社が損をする。逆に予想を上まわれば、消費者が支払い過ぎとなる仕組みだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ