サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「22歳のニューカマーがD1ライツ開幕戦でいきなり優勝!」免許取得前からドリフトを極めていた!?

ここから本文です

2JZ搭載R31スカイラインで勝負!

田野選手自身の手でD1地方戦仕様からD1ライツ仕様へと仕様変更

「トップチューナーの愛車は1000馬力のR35GT-R!」最初期モデルをベースに最強ストリート仕様を構築

D1グランプリの下位カテゴリーとして、次世代を担う選手たちが激しいバトルを展開しているD1ライツ。2021年シリーズは奥伊吹モーターパークで幕を開けたが、その大舞台で若きニューカマーが圧巻のパフォーマンスを見せて周囲を驚かせた。初参戦で優勝を手にした、TEAM SHIBATA SAILUN TIREの田野結希(たの ゆうき)選手だ。

現在22歳の田野選手は、約2年前にR31HOUSEにラジドリ上がりのドリフトドライバーとして就職。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン