サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GRヤリス・ラリー1の開発状況に満足するラトバラ「ハイブリッドの機能性は実に良い」/WRC

ここから本文です
 TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表は、2022年のWRC世界ラリー選手権投入に向けて開発作業が進む新型マシン『トヨタGRヤリス・ラリー1』について、その開発状況に満足していると語った。

 12月6日に東京・お台場のメガウェブで行われた『TOYOTA GAZOO Racing 2022年体制発表』の会場でお披露目されたトヨタのラリー1カー。カモフラージュパターンをまとったまま登場したGRヤリスベースのニューウエポンは、2022年から採用される新しい車両規定の導入に合わせてデビューするハイブリッド搭載の新型WRCマシンだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン