サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「遊び心」レベルの内容じゃない! なぜホンダはASIMOを開発したのか?

ここから本文です

「遊び心」レベルの内容じゃない! なぜホンダはASIMOを開発したのか?

 人間社会を豊かにするために誕生したロボティクス研究のひとつ

 2020年10月、ホンダのホームページに「ASIMO 20周年スペシャルサイト」が公開された。すでに開発終了の報が流れて久しいASIMOではあるが、ホンダのテクノロジーアイコンとしての価値はいまだ高く、実験室を飛び出して運用された歩行型ロボットとしての経験は、ほかを圧倒するレベルにあるのはかわらない。その20年の歴史のなかではバックパックの小型化、スピードアップ、コミュニケーション能力の向上、手話表現などさまざまなバージョンアップを果たしてきた。

かつてのホンダは凄かった! 踏めば脳天まで痺れる「エンジンのホンダ」を感じさせる名車5選

 では、ASIMOが誕生した理由は何であろうか。前述した20周年記念サイトによれば『生活のなかで人の役に立ちたい、という想いから始まったロボティクス研究。その研究から生まれた』のがASIMOであると記されている。ASIMOにつながる二本足歩行のロボット開発の段階では、将来的に人が乗ることのできるロボット開発につながるのでは? と期待もあったが、あくまでも生活のなかで人を助けるパートナーロボットとして開発された。

 余談だが、ASIMOの前身となるロボット開発について「将来的にはガンダムのように人が乗れるサイズになりますか」と質問したところ「サイズは別として、わが社は兵器を作ることはありません」という旨の回答があったというエピソードもある。むしろ、アニメーション的な世界観でいえば、日本におけるロボットアニメのルーツともいえる鉄腕アトムを生み出そうとしたのかもしれない。

 そんなASIMOで開発されたテクノロジーは「歩行アシスト」ツール(2020年末で出荷停止になった)や、室内を移動するための動く椅子「UNI CUB」などホンダのロボティクス分野において水平展開されたというのはよく知られているところだが、それだけではない。

 MotoGPマシンや自立するバイクなどにノウハウが用いられている

 少々古い話になるが2011年の段階で、二本足歩行の開発によって得られた知見は二輪の世界最高峰レース、MotoGPマシンに活用されていることが発表されている。こうした考え方は、いまでは市販車にも搭載されることが当たり前となっているウィリーコントロールやトラクションコントロールにつながったといえる。

 また、バイクが単独でバランスをとり自立する“倒れないバイク”も発表されているが、その自立制御にもASIMOなどロボティクス開発で得られたノウハウは投入されているという。その自立するバイクは2017年の東京モーターショーで展示されたので、憶えている人も多いだろう。その際にもASIMO開発からのフィードバックといった話はあった。

 ASIMOとのつながりをアピールすることはわかりやすさにつながる部分もあって、実際のところどこまでフィードバックがあったのかは不明ではあるが、ロボティクス開発はホンダという二輪・四輪を生み出す総合モビリティメーカーにとってけっして無駄ではなかったといえる。

 さて、ホンダのロボティクス開発はどうなっているのか。ご存じのように、2020年4月よりホンダは研究開発体制を大きく変えている。それまで基礎研究から商品開発までは、本田技術研究所という別会社がおこない、本田技研工業はその成果を購入するというスタイルだったが、本田技術研究所の四輪開発組織の多くは、本田技研工業・四輪事業本部ものづくりセンターに統合された。

 こうした体制変更により、本田技術研究所は、新価値商品・技術の研究開発に集中することになった。そうした新価値商品の具体例として挙げられていたのが、新モビリティやロボティクス、エネルギーといったカテゴリーだ。つまり、ASIMOの開発には一旦ピリオドを打ったかもしれないが、ホンダはロボティクス領域の開発を完全にやめてしまったわけではない。むしろ、ロボティクス分野は次世代事業の根幹に成長する可能性を秘めている。

 おそらく、そうしたロボティクス分野の新プロダクトが出てきたときに、ASIMOの存在は再度クローズアップされることであろうし、ホンダのブランド力にも直結することだろう。ASIMOが歩んできた20年の月日は、かけがえのない価値を育んできたのだから。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します