サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン見出したレッドブル重鎮、スーパーライセンスのポイント制に不満「F1にたどり着けないスター候補が多くいる」

ここから本文です

フェルスタッペン見出したレッドブル重鎮、スーパーライセンスのポイント制に不満「F1にたどり着けないスター候補が多くいる」

フェルスタッペン見出したレッドブル重鎮、スーパーライセンスのポイント制に不満「F1にたどり着けないスター候補が多くいる」

 マックス・フェルスタッペンは先日、レッドブルとの契約を2023年まで延長。F1ワールドチャンピオン獲得に向けて、長期的にチームと協力していくことを決めた。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、フェルスタッペンが“並外れた才能”を持っていると評価している。

■「もはや言い訳はできない」レッドブル重鎮、ホンダの改善に“プレッシャー”感じる

 マルコはmotorsport.comの独占インタビューに対し、フェルスタッペンと初めて出会った際のことを話した。彼曰く、その時からフェルスタッペンが特別な存在であることに気付いていたという。

「その時、彼は15歳くらいだったと思う」

 当時を振り返り、マルコはそう語った。

「ドライバーと話をする時、私は通常20分ほどでその人の性格について大方理解するのだが、マックスとは30分以上話をしていた」

「身体からは若さを感じたが、精神年齢は実際より3つから5つ上に感じた。今は実際の年齢がそれに追い付いてきた形だ」

 マルコはその後すぐに、フェルスタッペンをできるだけ早くF1にデビューさせるための最善の方法は何かを考えはじめたという。

「15歳で、フォーミュラ(シングルシーター)での経験が1年しかないドライバーがF1に行くとしたら、それは大胆なステップであり、リスクは決して小さくないだろう」

「しかし、私は彼(フェルスタッペン)がどれほどカートで学習したか、そして彼がどれほど成熟していているかを見てきた。そして彼がレースにおいてどのような取り組みをしてきたかも知っている」

「レッドブルが彼を17歳でF1に昇格させたため、F1はグランプリレースに参加するドライバーの年齢制限を設けたのだ」

 フェルスタッペンの登場によって、F1参戦に必要なスーパーライセンスの発給に年齢制限が設けられただけでなく、ポイント制も導入された。現行のシステムでは、各レースカテゴリーの年間成績に応じてポイントが与えられ、3年間で40ポイントすることが発給条件となっている。

 マルコはこのシステムを見直す必要があると考えている。

「40ポイントを手にしているドライバーの中には、F1で成功する可能性がないドライバーも多くいる。これらが修正されることを願っている」とマルコは語った。

「逆を返せば、速さはあるにも関わらず十分なポイントを稼げていないヤングスターも大勢いるのだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します