サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イタリア予選:ボッタス最速、メルセデスが最前列独占でスプリント予選へ。角田裕毅はQ1敗退17番手

ここから本文です

 F1第14戦イタリアGPの予選が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがスプリント予選レースの”ポールポジション”を獲得した。

 今季のイタリアGPは、シーズン2度目となるスプリント予選レースを実施するフォーマットでの開催。わずか60分のフリー走行を行なった後に、従来形式のノックアウト予選を実施し、土曜日午後に行なわれるスプリント予選レースのグリッドを決定することになる。

■より良い形を目指して……スプリントレースの改善を模索するF1。”予選”ではなくなる可能性も?

 薄曇りのモンツァは気温25度、路面温度33度というコンディション。現地時間18時に18分間の予選Q1がスタートした。

おすすめのニュース

サイトトップへ