サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 防炎性能が向上した新しいグローブをF1トルコGPでテスト。グロージャンの事故後に改善点を調査

ここから本文です

 2020年F1第15戦バーレーンGPをテレビで見た人、もしくは後でテレビやインターネットでリプレイを見た人は、“ロマン・グロージャンの奇跡”のことを決して忘れないだろう。

 グロージャンは決勝レースの1周目に他車と接触後、バリアに激突した。マシンは真っ二つになって爆発炎上し、アームコのバリアを引き裂いた。グロージャンはバリアに激突して最大で67Gの衝撃を受けた瞬間から、炎を上げるマシンから脱出するまでに27秒かかった。

F1常任メディカルカードクター&ドライバーが新型コロナ陽性。トルコGPでは臨時クルーが対応

「僕は左右を見たが、左側に火が見えた」とグロージャンは振り返った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン