サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンとパワーユニット契約のメルセデスF1、カスタマー増による政治力拡大を否定

ここから本文です
 メルセデスF1チーム代表を務めるトト・ウォルフは、マクラーレンとのパワーユニット供給契約が加わることによって、メルセデスのF1内での政治的影響力が強まることはないと述べている。

 2021年にメルセデスとマクラーレンが再び手を組むことが明らかになった。かつてマクラーレンはメルセデスエンジンとともに、78回のグランプリ優勝と3回のドライバーズタイトルを達成している。

おすすめのニュース

サイトトップへ