サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レーシングライダーは怪我への耐性ができている? ~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.52~

ここから本文です

■ドライバーよりも怪我の頻度が高いライダーには独特の考え方が……

 レーシングカー(4輪)に乗って戦うレーシングドライバーと、レーシングバイク(2輪)に跨って競い合うライダー、どっちの方がクレイジーなのか? という議論はとどまるところを知らない。ただ個人的(筆者:木下隆之)な感覚では、ロールケージに守られている方が、生身の体を晒すことほど危険ではないような気がする。自らレーシングマシンのコックピットで戦いながらも、あんな真似事はできないよなぁ、と思う。

「走る棺桶」を操るレーシングドライバーのほとんどがライダー転身組 ~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.37~

 4輪のレースで生死に関わるのは、マシンに潰されるか火に包まれるかだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ