サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1の”ロシア風”カラーリング、WADAの「ロシア国旗使用禁止」決定とは関係なし

ここから本文です

 ハースは3月4日に、2021年用マシンVF-21のカラーリングを発表した。そのデザインは、昨年までのモノから大きく変わり、マシン全体に赤・青・白・黒が配され、今季からドライバーとなるニキータ・マゼピンの母国であるロシアの国旗を彷彿するようなモノになった。

 ただハースによれば、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の決定により、ロシア国旗を背負ってレースができないマゼピンに配慮したカラーリングではないという。

■組織的ドーピングのロシアへの制裁はレース界にも。マゼピンは今後2年“ロシア人”と名乗れず

 昨年12月、ドーピング不正に関するデータを国家ぐるみで改ざんしたとして、WADAはロシア選手団の主要な世界大会への参加を2年間禁止することを決めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ