サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヤマハ発動機、最大出力350kWクラスのハイパーEV向け電動モーターユニットを開発

ここから本文です

高出力帯のハイパーEV向け電動モーターの試作開発受託を開始

ヤマハ発動機は、ハイパーEVをはじめとする高出力帯のモビリティ向けに、業界最高クラスの出力密度を実現する電動モーターユニットを開発し、4月から試作開発受託を開始した。

10台限定の日本専用モデル「ベントレー コンチネンタルGT V8 エクイノックス エディション」発売

同社は2020年から四輪車をはじめとしたモビリティ向けに35~200kWの電動モーターの試作開発を受託しているが、新たにハイパーEVなどの高出力帯モビリティへの搭載を想定した、最大出力350kW、動作電圧800Vの電動モーターユニットを開発した。

おすすめのニュース

サイトトップへ