サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友ゴム 水素活用の実証実験を開始

ここから本文です
住友ゴムは2021年7月28日、国立研究開発法人 新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として支援を受け、ダンロップ・ブランドの主力タイヤ工場である福島県白河工場で、8月から次世代エネルギーとして期待されている水素活用に向けた実証実験を開始すると発表しました。

住友ゴムの白河工場住友ゴムは、タイヤ製造のカーボンニュートラル化に向け、新エネルギーの水素を活用した技術の確立することで、福島生まれの水素を利用した地産地消モデルを構築し、タイヤ製造時のCO2排出量がゼロとなることを目指しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ