サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズ、元ルノー育成のエイトケンがリザーブドライバーとして加入。4人の若手が控える“大所帯”に

ここから本文です

ウイリアムズ、元ルノー育成のエイトケンがリザーブドライバーとして加入。4人の若手が控える“大所帯”に

ウイリアムズ、元ルノー育成のエイトケンがリザーブドライバーとして加入。4人の若手が控える“大所帯”に

 先日、ルノーのドライバー育成プログラムから離れ、ルノーF1チームのテストドライバーの任を解かれたことを発表したばかりのジャック・エイトケン。彼が今季、ウイリアムズのリザーブドライバーを務めることが明らかとなった。

 エイトケンは2020年シーズンの全てのF1レースに帯同し、金曜フリー走行1回目のセッションにも1度出走するようだ。また、それと並行してシミュレータープログラムもこなしていくこととなる。

■次の一歩のために。テストドライバー務めたエイトケン、ルノーF1チームを離脱

「2020年シーズンのリザーブドライバーとして、ウイリアムズ・レーシングに加入することができて光栄だ」とエイトケンは語った。

「ウイリアムズは伝統のあるチームで、長い歴史がある。そんなチームの開発に、シミュレーターやテストでの走行を通して携われることが楽しみだ」

 また、チーム副代表のクレア・ウイリアムズも次のようにコメントした。

「ジャックはこれまで素晴らしいキャリアを築いてきた若手ドライバーであり、F1の頂点にたどり着ける逸材だと思っています」

「彼はその才能をFIA F2やGP3(現FIA F3)で示してきました。彼がチームのリザーブドライバーとしてどんなことを成し遂げてくれるのか楽しみにしています」

 エイトケンは2017年のGP3にARTグランプリから参戦してランキング2位を獲得すると、2018年は同チームからFIA F2にステップアップし、ランキング11位となった。なお、その年エイトケンのチームメイトだったジョージ・ラッセルは見事チャンピオンに輝き、現在はウイリアムズのレギュラードライバーだ。

 2019年はカンポスに移籍したエイトケンは、3勝を挙げる活躍でランキング5位に。今季もカンポスからF2に継続参戦する可能性が高いと見られている。

 ウイリアムズの2020年F1参戦体制の中には、多くの若手ドライバーの名前がある。レギュラードライバーであるラッセルとニコラス・ラティフィの他に、ダニエル・ティクトゥムとジェイミー・チャドウィックが開発ドライバー、ロイ・ニッサニーがテストドライバー、そしてエイトケンがリザーブドライバーに名を連ねている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します