サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ・モビリティ基金がコロナウイルスと戦うタイの医療従事者に送迎サービスを実施

ここから本文です

4月中旬より衛生的なシャトルバスをオンデマンドで運行

新型コロナウイルスによる深刻な影響が拡大する中、各国の政府、医療機関ではさまざまな対策がとられているが、一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(TMF)はバンコクの病院と連携、その治療に携わる医療従事者向けにオンデマンド型の送迎サービスを実施する。なお、期間は4月中旬から3カ月間を予定している。

トヨタとNTTがスマートシティ実現を見据えた資本提携に合意

このプロジェクトでは、過酷な勤務が続く医療従事者の通勤の負荷軽減、感染予防のため、衛生的なシャトルバスをオンデマンドで運行。

おすすめのニュース

サイトトップへ