サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ’20ヤマハ・トリシティ300は都市間移動を見据えたLMWクルーズコミューター

ここから本文です

’20ヤマハ・トリシティ300は都市間移動を見据えたLMWクルーズコミューター

余裕サイズでクルーズ性能も期待

ヤマハが追究するLMW(リーニングマルチホイール)車の第4弾「トリシティ300」。ベースとなるのはグローバル戦略スクーターのXMAX300だ。車格は全体的に大柄になってはいるが、ハンドル切れ角は72度と街中でのコンパクトな動きにも対応しているのが印象的。都市間も余裕を持って移動できるひとつ上のコミューターを狙っている。

2020新型Tricity300(トリシティ300)が発表 スペックも判明

余裕サイズでクルーズ性能も期待

LMW第4弾「トリシティ300」の内容がリアルに分かってきた。まず、ベースとなるのは既報のとおりグローバル戦略スクーターのXMAX300。トリシティ300のエンジンは、これと同じ292ccの水冷SOHC単気筒で最高出力や最大トルクも同じ28ps&2.96kg-mとなっていた。これを振動を最小限に抑えた新開発メインフレームとおなじみパラレログラム式LMW機構の車体に搭載する。

フロントタイヤ間のトレッドを470mmとたっぷり取って安定感を確保しているほか、排気量に合わせて車格も全体的に大柄となってはいるが、ハンドル切れ角は72度と街中でのコンパクトな動きにも対応しているのが印象的。停止時に直立を維持するチルトロックアシスト機構で取り回しも楽にしている。さらにナイケンで開発されたLMWアッカーマンジオメトリ&乗車状態での前後重量配分50:50の採用で、速度レンジが高くなる郊外での走りも徹底追究。都市間も余裕を持って移動できるひとつ上のコミューターを狙っている。そして、欧州では普通四輪免許で乗れるとしたのが大きな目玉だ。

関連記事リンク

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します