サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハーレー パンアメリカ1250試乗~目指すはクラストップ! 名実ともに阪神タイガース佐藤輝明選手なみの大型ルーキーがやってきた!!

ここから本文です

■エヴァンゲリオン劇場版くらいに待ち遠しかった!

 プロトタイプが初めて展示されたのは、2019年秋のEICMA(ミラノモーターサイクルショー)。クルーザーをメインにラインナップしてきたハーレーダビッドソンが、新たなセグメントにチャレンジすることを知り、筆者(青木タカオ)は期待とほんの少しばかりの不安で、興奮冷めやらなかったことをよく覚えています。

ヤマハのバイクに似てる!? ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」を発表

 あれから、どれほど待ち遠しかったことでしょうか。EICMAで同時に発表されたストリートファイターモデルは製品化が見送られた模様で、パンアメリカもそうならないか心配でしかありませんでした。

おすすめのニュース

サイトトップへ