サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 厳重すぎる警察の車列。レッカー移動のためにプラド遊撃車(パトカー)まで臨場したワケとは?

ここから本文です
 10月下旬の夜、大阪市内南部の一般道に続々と警察車両が集結しはじめた。

 すでに白黒パトカーが1台臨場していたが、乗り捨てられた不審車両の搬送のために、それとは別に複数の警察車両が駆けつけたのだ。所轄署刑事課や本部の覆面パトカー、方面隊のパトカー2台、さらには存在感バツグンの大きなカンガルーバーを備えたランドクルーザープラドの覆面パトカー……、警察車両の数は10台近い規模となっていた。不審車両移送のためにしては、大げさすぎるこの布陣。普段ならあり得ないことだが、ここまでの物々しさにはワケがあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン