サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 海外との温度差は日本沈没の前触れ? 電気自動車の覇権ゲームについて日本人が知っておきたいこと

ここから本文です

欧州メーカーは今やBEV(電気自動車)に賭けている

日本の自動車メーカー、とくにトヨタを中心とする勢力は純粋な電気自動車(BEV)の将来性や可能性にリソースを全振りすべきではないと考えています。また、日本のモータージャーナリストの多くも、LCA(生産から廃棄まで)でみるとハイブリッドのほうがBEVよりもCO2排出量が少なく、BEVにしたときの電力の確保などの点が問題とする傾向があるようです。

トヨタの商用車提携にスズキとダイハツも参加!! 軽商用車の電動化によって物流はさらに進化するのか!?

一方、グローバル、とくに欧州勢は完全にBEVに賭けていると言っていい状況になってきました。

おすすめのニュース

サイトトップへ